maxresdefault

ハワイでルートボックス規制法案が提出―未成年へのゲーム本体販売禁止、確率開示


GameSpark - 国内・海外ゲーム情報サイト 2018-02-13
各国で規制の動きが進む、ゲーム内課金“ルートボックス”。2017年末に、法律の制定のための調査を開始していたアメリカ・ハワイ州ですが、法律の提出が実際に行われました。

海外メディアPCGamesNによれば、今回提出された法律は合計で4つ。大きく分けて2種類の内容に分類されます。House Bill 2686とSenate Bill 3024は、21歳未満に課金“ルートボックス”を備えたゲームの販売を禁止するもの。House Bill 2727とSenate Bill 3025は、パブリッシャーに対し、“ルートボックス”を備えるゲームを分かりやすくラベリングするとともに、排出確率の開示を求める内容です。

法案提出者のChris Lee議員は、ゲーム業界の進化を直接見たとした上で、利益の最大化を目的とした、特に子供たちへの搾取を否定する旨を語りました。
さらに同議員は「内部告発では、心理学者がこれらの仕組みを作り出すために雇われていることが明らかにされています」とコメント。
また、米国の半数以上におよぶ州が、何らかの形での“ルートボックス”監視法の制定を行っているとしています。

もちろん、今回の法律が成立するのかはまだ分かりません。しかしながら、具体的な政府側の取り組みが発表されつつあることで、“ルートボックス”は新たな局面を迎えていると言えます。
以下全文を読む

ネットの反応

・基本無料なゲームとか、どういう扱いになるのかな。
和ゲー洋ゲーともにガチャだらけだしな
・もともとガチャのスキームが褒められたものじゃないというか、ガチャ自体認められない方向でいいと思うんだよね。本来はゲームの内容の良否で評価されるべきなんだし。いつからか、子供に際限なくガチャ回させてケツの毛までむしる簡単なお仕事が蔓延してしまっただけ
・この手の内部告発がどこまで本当かはわからんが、企業側が効率よく搾取する方法を模索してるんだろうなぁというのは想像がつくよな
・実質、購入前の年齢確認と確率の開示かね。まぁそんなところかな。
・これはいい法案
これからはルートボックスなんてケチなもんじゃなくて、中身が明確なスキンパックなんかで稼げばいい
・発展途上の販売形式だからこそ、明確な線引きを行ったほうが売るほうも買うほうもwin-winなんじゃないかと思う
・大前提として金銭対価を支払って欲しいものが入手できないものは、
取引ではなく搾取だということ。
ガチャの例えで、"宝くじ"、"パチンコ"、"競馬等"を引き合いに出される方がいるけど、
これらの"ギャンブル"は、きちんと専用の法律で取り決めがあることを忘れちゃいけない。
ガチャは現状(いくつかの関連法規を除く)野放しのギャンブルと言って過言じゃない。
パチンコの三転方式という詭弁みたいに残ってしまうのは悲しいなと思っている。
・リアルのガチャガチャなんで当たり入ってねえ事あるからな
日本はおかしい
・なんだかんだ言ってコンプガチャ規制したの民主党だし、日本ではまた政権交代起きない限りガチャクソゲームの天下は終わらないだろうな


確率表示義務とかいままでなかったのがまずおかしかったんですよね。

規制強化されて死にまくってるパチンコでさえソシャゲガチャが流行る前から表示されているというのに。


コンシューマーゲーのルートボックスガチャや、スマホガチャなどは一定の規制を設けてユーザーを搾取から守っていかないとダメだと思いますね。

まあ、規制されればゲームメーカーが側の利益は確実に減っていくのは間違いないですが、悪知恵の働くメーカーは裏をかいくぐってあの手この手で搾取を続けるでしょうけど(´・ω・`)


真・三國無双8 - PS4
真・三國無双8 - PS4
posted with amazlet at 18.02.13
コーエーテクモゲームス (2018-02-08)
売り上げランキング: 2