maxresdefault


フラゲ情報より
ゲームよりどりサブカルみどりパーク


・マーベラスより2018年2月22日に発売が予定されているプレイステーション4用ソフト『閃乱カグラ Burst Re:Newal』
・2012年にニンテンドー3DSで登場した『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』をHDリニューアルし、第1作『閃乱カグラ -少女達の真影-』の物語も収録

・週刊ファミ通2018年3月15日号(2018年3月1日発売)と週刊ファミ通2018年3月22日号(2018年3月8日発売)では、本誌オリジナルのダウンロードコンテンツが付録

・週刊ファミ通2018年3月15日号(2018年3月1日発売)の付録である“ファミ通水玉ワンピース”。

・週刊ファミ通2018年3月22日号(2018年3月8日発売)でゲットできる“ガバス水着”と“ファミ通Tシャツ”。


「閃乱カグラ」高木謙一郎&小酒井省吾インタビュー

・閃乱カグラは「SHINOVI VERSUS」から入ってくれた人がすごく多い。
・今回リメイクされる『Burst』は、ストーリーが思ってたより暗かった。
・EVの頃の課題として、ただの草刈りにしたくない、というものがあった。もともとBurstは難易度が高くゲーマー向けだったので、アクションとしての歯ごたえを増やしている。
・忍転身シーンはすべて新規で作っている
・アクセサリーは「EV」で購入したDLC衣装等をほぼ使用できる。
・ボイスは当時のものを使用。ストーリーはわかりづらかったり矛盾していた部分を少しだけ修正している。
・最新作「7EVEN」はまだアイデアを固めている段階。お届けできるのはもう少し先になりそう
・「真紅」も機会があればリメイクしてみたいが、7EVENもあるのでなかなか難しそう
・外伝などのアイデアはたくさんあるが、メインストーリーは7EVENで落ち着かせようと思っている。
・シリーズを終わらせたいわけではなく、綺麗に物語を着地させたいという想いがある。
・2018は逆にすると8102(パイオツ)と読めるので、閃乱カグライヤーにしたい。
・PS用ベルトスクロール2D版をテストで作ったが基本的に100ステージ以上あり大変
・アーケードエディションというかたちで作る案もあるが構想段階で止まっている。
・HONEY PARADE GAMESは多種多様なタイトルが控えていて今年中に発表できるタイトルもある。

以下全文を読む
高木Pによると、カグラのメインストーリーは「7EVEN」で一旦落ち着くとの事です。
新たに立ち上げたHONEY PARADE GAMESで展開する新作ゲームにシフトするため、カグラシリーズは一旦お休みという事なんでしょう(´・ω・`)