20180412-detroit-01




あなたの感情が結末を変える『Detroit: Become Human』。物語のポイントや登場キャラの関係に迫る!

Blog - 180416-234822

5月25日(金)発売のPlayStation®4用ソフトウェア『Detroit: Become Human』。本作は、『BEYOND: Two Souls』や『HEAVY RAIN −心の軋むとき−』を世に送り出したフランスの開発会社Quantic Dream(クアンティック・ドリーム)が手掛けるオープンシナリオ・アドベンチャーだ。



現在は、「特報」トレーラーが公開中。これ1本で、世界、物語、キャラクターからゲームシステムまで、本作がどのようなゲームなのかわかる映像となっている。まだ見ていない人は、ぜひ確認してほしい。


特報:『Detroit: Become Human』2018年5月25日発売



『Detroit: Become Human』の原点となった技術デモ映像と、その解説映像も公開中!

前回の記事でもお伝えしたように、『Detroit: Become Human』の原点は、日本では2013年に『BEYOND: Two Souls』の特典として公開された、「KARA」という技術デモ映像だ。

"機械が人間となり、さまざまな感情を持つようになる"、また"カーラを人間のように見せつつ、アンドロイドのようにも見せる"という野心的な挑戦を行ない、目や肌の処理技術、ヴァロリー・カリーという表現力豊かな女優を起用したパフォーマンスキャプチャを通じて、技術的にも演出的にも成功。映像制作時には構想すらなかった『Detroit: Become Human』が、誕生するきっかけとなる。


『Detroit: Become Human』 「KARA」 テクニカルデモ(2013)



『Detroit: Become Human』 デヴィッド・ケイジ インタビュー/「KARA」



コナー、マーカス、カーラたち3体のアンドロイドの物語はやがて交差し、人類とアンドロイドの行く末がプレイヤーの決断とともに描かれる。本作における物語のポイントをあらためて紹介しつつ、それぞれの物語に登場するキャラクターの詳細、その立ち位置と関係、プレイヤーの感情と決断で大きく変わる物語などについて紹介しよう。

物語の背景で重要となる、2つのポイント

2038年のデトロイトは、人工知能やロボット工学が高度に発展を遂げた、アンドロイド産業の都。人間と同等の外見、知性を兼ね備えたアンドロイドたちが登場する、いつか"起こりうる未来"が本作の舞台となる。




【ポイント1】
アンドロイドの生み出した光と闇

劇的な生産性の向上、経済発展、利便性の向上──。さまざまな労働や作業を人間に代わって担うようになったアンドロイドは、社会にとって不可欠な存在となり、人類はかつてない豊かさを手にいれた。


しかし、その一方で、アンドロイドやAIへの業務移行による失業率の上昇と、貧富格差の拡大が問題に。職を奪われた人々による反アンドロイド感情が高まり、アンドロイドへの破壊や暴力行為が発生している。



【ポイント2】
自我を持ったアンドロイド"変異体"の出現

原因や規模は一切不明だが、モノ、機械、道具であるアンドロイドたちの中に、持ちえないはずの"自意識"や"感情"があるように振る舞う個体が出現する。そんな中、アンドロイドがオーナーの人間を殺害して娘を人質に取るという、起こるはずのない事件が発生。本作の物語は、この事件が契機となって幕を開ける。


物語を彩るアンドロイドと人間たち

プレイヤーはコナー、マーカス、カーラという、立場も能力も異なる3体のアンドロイドの視点を通して物語を体験。アンドロイドに感情移入をしながら、物語を紡いでいくことになる。ここからは、コナーたち3体以外の登場キャラクターと、それぞれの立場や関係について紹介しよう。



コナー篇に登場するキャラクター


Model:PL600

ダニエル

V.O.:遠藤 大智

家庭用アシスタントとして設計された、PL600型アンドロイド。家やキッチンの管理保守を主任務としながらも、子どもの宿題や遊びも監督している。PL600は発売当時こそ飛ぶように売れたものの、改良された最新型モデルにすぐさま取って代わられ、大幅な市場の縮小が避けられない状況となっている。ダニエルはオーナーを殺害、子どもを人質にした立てこもり事件を起こし、コナーと対峙する。




ハンク

ACTOR:クランシー・ブラウン
V.O.:岩崎 ひろし

53歳の警察官。警察学校の卒業生総代であり、持ち前の勇気と知性を活かしてさまざまな難事件を解決。いち早く頭角を現わした。デトロイト市警での輝かしい未来が約束されていたように見えたが、あるつらい経験によって挫折してしまう。その結果、ハンクは少しずつアルコール中毒となっていく。時に予測不能で自暴自棄な精神状態になることから、幾度も警告や懲戒処分を受けている。



過去の活躍を知る同僚からの評価は依然として高いものの、短気さと皮肉屋な性格を危惧する者もおり、ハンク自身も自分を放っておいてほしいと考えている。人間に失望しており、犬といることを好む。非社交的で、外出先は行きつけの店となっている場末のバーのみだ。



"アンドロイド嫌い"としても有名だったが、皮肉なことにアンドロイド犯罪の担当に。さらに、アンドロイド捜査官のコナーとタッグを組むこととなる。



マーカス篇に登場するキャラクター


カール

ACTOR:ランス・ヘンリクセン
V.O.:有本 欽隆

世界的に著名な画家であり、2020年代を興隆したネオ・シンボリスト運動の中心人物だった。ユニークな才能で一躍人気アーティストとなったカールの作品の多くには、何億もの値が付けられる。しかし、ベーコン以来の天才だと評する者もいれば、才能など微塵もないと評する者もおり、彼に対する評価は二分されていた。



独創的で刺激的な作風同様、そのライフスタイルも実に破壊的。彼のパーティーには、世間から白眼視される悪名高い有名人ばかりが集まった。そのころ、一時的に付き合っていた相手との間に息子を授かる。認知はしたが、息子との関係は良好とはいえないものだった。



近年、悲惨な事故の影響で脚が麻痺して以来、重度のうつ状態となったカールは、数年間隠遁生活を送っていた。友人から贈られたアンドロイドのマーカスのおかげで、最近では徐々に表へ顔を出すようになり、絵画への情熱も取り戻しつつある。



Model:WR400

ノース

ACTOR:ミンカ・ケリー
V.O.:恒松 あゆみ

"トレイシー"という名称で、サイバーライフ社が発売したWR400型アンドロイド。ノースは、アンドロイドの大義のためならば、命を捧げる覚悟だった。過去の出来事が原因で、人間に対して激しい憎悪を抱き、どんな犠牲を払ってでもアンドロイドを解放しようとしている。アンドロイド解放を目指す組織の一員として、マーカスとともにデトロイト都心における仲間の解放行動に加わる。




カーラ篇に登場するキャラクター


アリス

V.O.:宇山 玲加

トッド・ウィリアムズの娘。9歳の時に母親が家を出ていってしまい、父親と2人きりで生活。内向的で他人との間に壁をつくり、大きな家で父親の存在におびえながら、目立たないように暮らしている。口数は少なく、いつも悲しそうにしており、本の世界に逃避。腕には、常にキツネのぬいぐるみ「ティモシー」を抱いている。



修理されたカーラが家に戻ってきた時、アリスは妙によそよそしく振る舞うのだった。




トッド

V.O.:黒澤 剛史

元タクシー・ドライバーの失業者。自動運転車が一般化し始めた2021年に職を失った。その後、肉体労働やクラブの警備員などの職を転々としたものの、それらもすべてアンドロイドに奪われてしまう。ここ数年は、地元でレッドアイスやメタンフェタミンなどの薬物を売買するなど、非合法な仕事で収入を得る。しかし、そのほとんどは薬物の購入に使っている。



薬物売買や暴行の容疑で数回逮捕されているトッドは、現在は郊外の質素な住宅で幼い娘のアリスと、カーラというアンドロイドと暮らしている。妻が家を出ていって以来、トッドは過去の思い出やアンドロイドへの憎しみに囚われていた。現在の苦しい生活も、すべてアンドロイドの責任だと思い込んでいるようだ。



登場キャラクターたちの立ち位置と、その関係


【人間サイド】

コナー:サイバーライフ社
ハンク:デトロイト市警

1体目の主要キャラクターであるコナーは、警察と行動をともにする最新鋭アンドロイド。人間に忠実なコナーと、アンドロイドを嫌うハンクのコンビがどうなるのか、気になるところだ。彼らはいわゆる"人間サイド"のキャラクターであり、"アンドロイドはモノ"という考えを持ち、"変異体"を取り締まる。


【アンドロイドサイド】

マーカス:組織のリーダー
ノース :組織のメンバー

2体目の主要キャラクターであるマーカスは、アンドロイドの権利と解放を要求する組織のリーダー。マーカスやノースたち"アンドロイドサイド"と警察やコナーら"人間サイド"の対立は、必然である。


【どちらのサイドにも属さない?】

カーラ:家事手伝い

そして3体目の主要キャラクターとなるカーラは、人間生活の忠実なサポーターとして産み出されたアンドロイド。しかし、あることをきっかけに、逃亡者としてデトロイトの街を流浪する。


【アンドロイドを取り巻くさまざまな人間・状況】

トッド:失業者
アリス:トッドの娘
カール:画家

トッドやアリス、カールなど、本作にはアンドロイドに関わるさまざまな人間が登場。カールは、アンドロイドのマーカスと信頼関係で結ばれているようだが......?


プレイヤーの共感と感情移入が、物語を大きく変える

人間に虐げられるアンドロイドや"アンドロイドのせいで"壊れてしまった家族。プレイヤーが誰に、そしてどの立場に共感、感情移入した判断を下すかによって、物語の印象や決着の形が大きく変化していく。


トッドの家庭は"アンドロイドのせいで"壊れてしまった。あなたはアンドロイドとして主人の命令に従うのか。それとも子どもの命を救うため、自らを犠牲にしてでも行動するのか。果たして、アンドロイドと人間の間に、本物の絆は生まれるのだろうか?


人間によって無残にも壊されてしまったアンドロイドの仲間を目にし、あなたは人間に報復するかしないのかの選択を迫られる。モノであるはずのアンドロイドの命と、人間の命。その重さの違いとは?



人間とアンドロイドの未来は、あなたの感情と決断次第──

アンドロイドの暴走、反乱を阻止するため、謎の女性"アマンダ"からコナーに指令が下る。コナーはこの状況を止めることができるのか。真相にたどり着いた時、コナーであるあなたは何を思うのだろう。



対峙する人間とアンドロイド。高まる緊張の中で、ひざまずくのか、それとも拳を振り上げるのか。あなたの選択が、マーカスの革命の行く末を決める。



逃亡するカーラとアリス。マーカスの革命とともに緊迫する状況の中で、カーラは自らの命運とアリスを守ることができるのか?



以下全文を読む

ゴッドオブウォーに続きデトロイトも表現規制は一切なし!!
これは朗報と言えるでしょう(´・ω・`)


【PS4】Detroit: Become Human【早期購入特典】PS4用テーマ (封入)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-05-25)
売り上げランキング: 68