21731190_351540571944618_2053774767056398936_n

ニンテンドースイッチ向けRPG『オクトパス トラベラー』はオーストラリアでM(15歳以上推奨)指定に。“大人向けテーマ”が理由

ニンテンドースイッチ

ニンテンドースイッチ向けRPG『オクトパス トラベラー』は、オーストラリアにてM(Mature)としてレーティングされたようだ。ResetEraなどでこの話題に注目が集まっている。オーストラリアでのレーティングMは「暴力等の描写はあり、何かの暗示物が含まれている可能性がある」タイトルに指定される。レーティング機関Australian Classificationでも、Mについては15歳もしくは15歳以上が遊ぶことを推奨するとしている。

Australian Classificationは、『オクトパス トラベラー』がMにレーティングした理由として、「大人向けのテーマ、性的な描写、暴力(Mature themes, sexual references and violence)」をあげている。性的・暴力的であることが主な理由であると思われるが、いずれも大人向けのテーマに含まれた表現になる。

右上の「マルチプラットフォーム」が気になる方もいるかもしれないが、独占タイトルでもこの形で提出するようだ。


本作は7月13日の全世界同時発売が予定されており、その一環としてオーストラリアのレーティング審査がおこなわれたのだろう。

『オクトパス トラベラー』は、ビジュアルやシステムなどさまざまな点で独自の特徴を持っているが、シナリオもまた魅力のひとつだ。トラベラーと呼ばれるプレイアブルキャラクターは、それぞれ異なるバックグラウンドを持っている。キャラクターが重い過去を抱えているケースもあるようで、体験版で登場する剣士のオルベリクは戦乱で傷を負った過去が描かれ、踊子のプリムロゼは“夜の世界”で暮らしているほか支配人から部屋に呼ばれるといったシーンが描かれる。すでに暗く重たい物語展開が示唆されており、本編でこうした表現がさらに強まるとするならば、レーティングの理由もうなずける。


スクウェア・エニックスのタイトルとしては、『ニーア オートマタ』がMA15+にレーティングされている。理由は「強烈なサイエンス・フィクション、血を含む暴力表現、オンラインの相互要素」である。

リメイクされた『ロマンシング サガ 2』はドラッグ描写によりM指定。

『ファイナルファンタジーXV』は全年齢対象のGであるが、『ファイナルファンタジーXII』『ファイナルファンタジーXIII-2』ともに暴力表現によりM指定。

以下全文を読む


反応

・あんなドット絵で大人向けとな?
・プリムロゼの設定の件でそうなったのではないだろうか
・ドット絵なのに!?
・確かにあの踊り子のエピがすでにCEROあがりそうと思った
・毎回言ってる気がするけどルドラぐらいドット動いてほしかった
・誰でも誘惑出来たりする時点で
あれだなと思ったけどそこまで大人向けなのか
・あれ規制いるか?
・ドットの方が想像力掻き立てられてエロいよな
俺の中のプリムロゼはかなりエロエロになってるわ
・スクエニの「大人向け」とか地雷臭しかしないなw
・15歳以上指定で大人向けは草生える



このドットグラで性描写ねえ・・(´・ω・`)



オクトパストラベラー
スクウェア・エニックス (2018-07-13)
売り上げランキング: 34