img4372_06

“クトゥルフ”オープンワールドホラー「The Sinking City」の発売日が2019年3月21日に決定、E3トレーラーと新たなプレイ映像も

“クトゥルフ”オープンワールドホラー「The Sinking City」
・“クトゥルフ”オープンワールドホラー「The Sinking City」ですが、新たにBigbenとFrogwaresが本作の発売日をアナウンスし、2019年3月21日に待望のローンチを果たすことが明らかになった。


・E3の開幕に併せて超自然的な状況に呑み込まれていく主人公Reedの姿を描いた新トレーラーが公開されたほか、昨日放送された“PC Gaming Show 2018”にてお披露目されたものと同じビルドを撮影した約15分のゲームプレイ映像が登場。


 

 

・主人公の私立探偵“Reed”が、行方不明の夫を探す(どう見てもダゴン絡みの人にしか見えない)女性の頼みで港湾地区の小屋を探索し、そこで見つけたシンボルの出自を図書館で知り……といったクエストの流れや明らかにインスマウス化が進んでいる市民、怪物との戦闘、ボートを利用した街の移動やファストトラベル、正気度に関係する視覚的な演出、“The Division”のECHOに似た調査システムなど、興味深いディテールが確認できる。


・“Sinking City”はラヴクラフトの作品世界とクトゥルフをテーマに描くオープンワールドの探索/調査ゲームで、超自然的な現象により広範囲な洪水の被害に苦しむ1920年代のマサチューセッツ州に存在する架空の都市“Oakmont”(ボストンとセーレムの丁度中間辺り)を舞台に、主人公である私立探偵が町の調査と超常現象の原因究明に臨む物語を描く作品。

以下全文を読む


国内向けのローカライズは未定との事ですが、どこかローカライズお願いします(´・ω・`)