maxresdefault

水口哲也氏に聞く。「いちばんの興味は“共感覚的な体験を作る”こと。ゲームは永遠に終わらない夢」

水口哲也

水口 体験をパブリッシュできるのはゲームだけなんですよ。映画などを始めとするほかのメディアって、体験というよりも情報ですよね。
僕は、ゲームは唯一体験できるメディアだと思っていて、その体験の解像度が上がってきているという現実がある。「こんなすばらしい世界はないな」と思っていて、新しいテクノロジーを待ち続けながらモノ作りをしている状態ですね。
 でも、もっとほしいんです。
この先テクノロジーはもっともっと進化してもらわないと、頭の中のイメージが実現できないので、最新のテクノロジーを活用しながら、つぎのテクノロジーを待っているという状況が続いているのだけれど……。

――なるほど。テクノロジー面にフォーカスさせていただくと、テクノロジーが進化してやりたいことがどんどん実現できてきているとおっしゃっていますけど、
いま「とくにここが変わってほしい」と期待するところってどこですか?


水口 じつはまだまだたくさんあります。

――あら、そんなに。ある程度は望みに達しているわけではないんですね。

水口 ぜんぜんないですね!

――(笑)。なかなか貪欲でいらっしゃるというか……。満足度のパーセンテージでいうと、どのくらいですか?

水口 まだ50%もいってないと思う。

――ええ!?

水口 ハードウェアの進化はまだまだ必要で、いまのジェネレーションのマシンももちろんそれぞれみんなすごいんだけど、もっと表現力が欲しい。


――表現力はまだ足りないですか?


水口 ぜんぜん足りないですね。

――個人的には、もう十分かな……とも、少しは思うんですけど。

水口 “リアルなものをリアルに表現する”という点ではとてもいいんですけど、そこから先なんですよね。リアルじゃないというか、リアルを超えたというか……。
抽象的なものも含めて、人間の想像力から生まれてくるような、現実では見たことがないものを作ろうとすると、まだぜんぜんダメなんです。
あと、VRやARの未来を考えたときに、まだぜんぜんパワーが足りない。

――『Rez Infinite』で、水口さんがやりたいことはある程度実現したのかなと思っていたんですけど、そういうわけでもないんですね。

水口 いまの段階のテクノロジーで実現できることに対する満足感はありましたが、やっぱり足りないんです。
もう少し正確に言うと、『Rez Infinite』が終わってから、「あれがしたい」、「これもしたい」という思いがどんどん出てきた。そういう意味では、ぜんぜん足りないです。

――足りないというのは、おもに表現力の領域が大きいのですか? 視覚とか聴覚とか触覚とか……。

水口 そうなんですけどね。僕はもっとみんなが見たことがないようなものとか、体験したことがないような経験を作りたいんです。
それをやるにはまだ非力なんですよね、コンピュータが。


――頭の中にビジョンがあるけど、それをアウトプットする術がない状態みたいな?

水口 頭の中のビジョンをアウトプットする術はあるのですが、それはすごいお化けみたいなすごいマシンじゃないとできなくて、
それをコンソールで実現しようとなると、まだちょっと無理があるということはありますね。

反応

・表現力が足りないってより
ヒトの代わりに、ヒトが見たことないのを見せてくれ
みたいな感じがするけど
・そもそも50%って性能倍になればいいってことなら次の世代で届くだろ
・VRやるのにはまだまだなのは確かだ
・ファミコン時代も今の容量より何百倍もあったら
ドラクエでどんな凄い冒険が出来るんだろう・・・・と思ったもんだが
実際は、な
・低予算で売れるモノを作ることをモットーとしてるヨコオとは対極だな
・まあ確かにVR的な目線で見たらまだまだ性能は足りないかもしれないけど、ぶっちゃけFHD60FPSでも十分っちゃ十分だよ。
・絵はどんどんきれいになるが、一番必要なのはプログラマーでなく
ゲーマーを感動させる天才的シナリオライター
・たぶんこの人の想定スペックのハードが仮に出たとしても
この人はまた同じ事を言うと思うよ
・まぁ割と面白いゲーム作る人ではあるけど
スペック要るようなのは全然作ってないような気がする
・この人はフォトリアルなAAAタイトルを指向してる人ではないから
立体映像とかバーチャルリアリティーの技術がもっと発達して欲しいという事でしょう。
色数とかメモリを増やして欲しいんじゃなくて。

いろいろ表現しようとすると要求スペックが高くなるが現行ハードでの性能ではだめだから
もっと性能が欲しいというのは開発者ならではですね。
PS5や次世代箱が登場する頃にはそれが実現してると良いですが、それでも性能足りないとか言ってそう。