img5430_01

『ジャストコーズ4』巨大ビークルに乗り物を収納できたり、ハリケーンを足止めする武器の存在も!

『ジャストコーズ4』
日本では2018年12月6日に発売が決定したスクウェア・エニックスの『ジャストコーズ4』。同作は、オープンワールドを舞台に、“混乱と破壊の英雄”と称される主人公リコ・ロドリゲスを操作して、ド派手な破壊の限りが尽くせるアクション・アドベンチャー。

 最新作『ジャストコーズ4』の大きな特徴は、熱帯雨林や砂漠、雪山など壮大な自然を持つ南米の大国ソリスで、移り変わりの激しい気候の中の予測不能な戦い楽しめる点と、エアリフターやブースターなどをグラップリングフックを使って設置できるようになるなど、グラップリングフックのカスタマイズの自由度が上がったところ。

そんな『ジャストコーズ4』について、東京ゲームショウ2018期間中にディレクター・Francesco Antolini氏(アバランチ・スタジオ)によるプレゼンテーションが行われ、さらに魅力的な要素が判明したので本稿で紹介しよう。
『ジャストコーズ4』では、前作でユーザーから不評だった要素を改善し、好評だった部分をより進化させる、というコンセプトのもと開発が進められているという。たとえば、前作『3』の舞台は地中海の島国で、とても美しい景観が広がっていたが、ロケーションの変化が乏しいという不満点が挙がったという。そこで本作ではジャングルや草原、砂漠、森林といったロケーションに変化がつけている。
Just_Cause_4_screenshot_OasisBuggy

ロケーションの変化はゲームプレイにも影響を及ぼす。砂漠と森林では運転の感覚も異なるものになっているという。

Just_Cause_4_screenshot_StormyNight

気候の変化はゲームプレイにも影響。雷に直撃を食らうと大ダメージ(直撃される直前に帯電のエフェクトが発生)を負う。よって、雷がガンガン落ちる場所では、素速い移動で雷を避けたり(場所によっては避雷針を立てることも可能)、雷を利用したプレイが楽しめる。雷は高いところに落ちるので、エアリフターで敵を飛ばして……なんてことも有効になりそう。

 また、ゲームプレイにおいても、目標を破壊するといったミッションばかりだったが、本作ではバラエティーに富んだ目的を用意しているとのこと。

400万通りの組み合わせが可能!? 進化したグラップリングフック

 作品を重ねるごとに進化してきたグラップリングフックは『ジャストコーズ』シリーズの特徴とも言える要素で、ファンにもかなり好評だ。本作では、モノとモノどうしを引き寄せるだけではなく、グラップリングフックのアタッチメントとして、ブースター(推進力を得られる噴射型のアイテム)やエアリフター(小型気球をつけて物体を浮かせる)の機能をもたせることができるようになっている。

TGS Playthrough V5 - Split 1.mp4_snapshot_01.33_[2018.09.19_11.55.53]
TGS Playthrough V5 - Split 1.mp4_snapshot_03.15_[2018.09.19_12.03.49]

グラップリングワイヤーでレーダーとクルマを結びつけ、なぜかカタパルトのようにクルマを飛ばすことができたり(こういったハチャメチャなところが『ジャストコーズ』らしい)。

 ブースターとエアリフターを組み合わせた、わかりやすい例が戦車にエアリフターとブースターを設置した下の写真。高い防御力があり、破壊力バツグンの砲塔を備え、戦線を突破することなどを目的とする戦車が空から攻撃する様は圧巻! ただ正直、“空飛ぶ戦車”の有用性には疑問符はつくけれど、見た目は派手だし、空から砲撃するのは新鮮だし、『ジャストコーズ』ならではのバカバカしさと言えるので、一度はやってみたいところ。

TGS Playthrough V5 - Split 1.mp4_snapshot_04.51_[2018.09.19_12.10.47] TGS Playthrough V5 - Split 1.mp4_snapshot_05.18_[2018.09.19_12.14.04]

 また、ブースターやエアリフターは細かくカスタマイズでき、たとえばブースターの発動のタイミングや爆発の有無、どの方向に進むかのコントロール、さらにリコが見ている方向に飛ばすなど。エアリフターなら、いつまで浮き続ける、意図する場所で割る、リコの後を着いて来る、といった機能も設定もできる。そうした細かなカスタマイズを施したブースターとエアリフターの組み合わせは計算すると400万通り(!)もあるとのこと。

TGS-Playthrough-V5---Split-1.00_05_51_46

 そうした機能を取得するために、前作ではアップグレードするMODに対応した特定のチャレンジをこなす必要があったが、本作ではさまざまなアクティビティで得られるポイントを消費して、好きな機能を取得できるよう、自由度が上がっている。また、そうしたチャレンジについては「前作はストーリーに絡んだものだったかというと、そうではありませんでした。本作では、あまり意味のないチャレンジは排除しています」(Francesco氏)と、ここでも前作からの改良ポイントが。

TGS-Playthrough-V5---Split-1.00_01_06_08

新たな武器、ウインドガン&ライトニングガン

 主人公リコはパラシュートやウイングスーツで飛び、ハリケーンが吹き荒れる場所もあるなど、本作において風は重要な意味を持つ。そんな風にまつわる新武器として、風圧で対象物を吹っ飛ばすウインドガンが登場。このウインドガンは敵を吹っ飛ばすだけではなく、空中でぶっ放すことで推進力として利用することもできる。また、そのウインドガンのパワーをさらに上げたウインドキャノンでは、ハリケーンの進行を一時的に止めたりすることも可能だという(止めたハリケーンをどう利用するかはユーザー次第)。
 また、ウインドガンのほかに、ライトニングガンも用意されている。

TGS Playthrough V5 - Split 2.mp4_snapshot_00.05_[2018.09.19_12.22.36]

 さまざまな進化を遂げ、さらに自由度と爽快感が増していそうな『ジャストコーズ4』。前作同様、イースターエッグ(ユーモアのある隠し要素。『3』ではバスターソードが隠されていた)も仕込まれているとのことで、広大なオープンワールドの探索も楽しそう。物理演算ならではの破壊の爽快感と、どう破壊されるか予測がつかないドキドキ感が味わえる『ジャストコーズ4』は12月6日発売です!

TGS Playthrough V5 - Split 1.mp4_snapshot_00.00_[2018.09.18_20.52.56]
TGS-Playthrough-V5---Split-1.00_02_36_45
20分に及ぶ最新ゲームプレイ映像

11分に及ぶTGS実機デモ


 



ジャストコーズ4 【Amazon.co.jp限定】 「レネゲードパック」プロダクトコード 配信 - PS4
スクウェア・エニックス (2018-12-06)
売り上げランキング: 150