spiderman0018

PS4『スパイダーマン』の「プラチナトロフィー」取得率が高い。遊びやすさと作り込みが、やりこみを呼び込んだか

PS4『スパイダーマン』

PlayStation 4向け『Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)』のプラチナトロフィーの取得率が、高い水準で推移していることをGame Informerなどが報じている。


10月7日時点で『スパイダーマン』の取得率は、ちょうど10パーセント。10人に1人はプラチナトロフィーを獲得している計算になる。


SIE大型タイトルのプラチナトロフィー取得率

『Detroit: Become Human』2.1%

『God of War』5.5%

『Horizon Zero Dawn』6.1%

『Bloodborne』5.6%


PS4向けサードタイトルのプラチナトロフィー取得率

『二ノ国 レヴァナントキングダム』5.5%

『ペルソナ5』は2.4%

『ニーア オートマタ』9.2%


・『スパイダーマン』のプラチナトロフィー自体の取得条件はというと、本編をクリアすることが必要なのはもちろん、収集アイテムを拾ったり、特定のサブクエストをクリアする必要があるなど、やりこみは必須。

・ただし、周回要素のような“時間をかけて取得する”という類のトロフィーは基本的には存在しない。チャレンジトークンの使い道さえ誤らなければ、難易度の高い挑戦をする必要もない。ゲーム内自体にはやりこみ項目が多く用意されているが、必ずしもトロフィーに直結するわけではない。つまり、極端に難しいというわけではないということだ。

・本編をしっかりと遊べばとれるという、取得しやすさもしくは遊びやすさが、10パーセントという数字につながっているのかもしれない。

・『スパイダーマン』がつい遊びこんでみたくなるゲームであるというのも関係しているかもしれない。

・本作の収集要素はどれも凝っており、たとえば街中のバックパックを取得すると、しっかりとモデリングされたアイテムを見ることができるほか、フルボイスで過去の「スパイダーマン」作品への言及があるなど、ファンサービスたっぷり。そのほかのアイテムも、ゲーム内で意味がもたらされたり、作り込まれていたりと、単に「集めるだけ」に収まっているコレクティブアイテムはほとんど存在しない。ウェブスイングを使った移動や、スタイリッシュに繰り広げられる戦闘といった基本システムに気持ちよさを感じられることに加えて、こうした収集要素のような細部へのつくりこみも感じられる作品だ。ついやりこんでしまう完成度の高さも、プラチナトロフィー取得率と関係していそうだ。


プラチナトロフィーの取得率が低い作品にも優れた作品は多く存在するので一概には言えないものの、『スパイダーマン』の数字はある種のファンの満足度を表すものであると解釈できるかもしれない。発売3日で330万を売り上げたというSIE最大のヒット作は、売れているだけでなくやりこまれていることが、あらためて認識できるだろう。


以下全文を読む

反応

・これはほんとに凄いと思う
素人でもやり込みたくなる魅力がある
・遊びやすさと作り込みがやりこみを呼び込んだ
・獲りやすいトロフィーにするのも良ゲーの証
・オートマタは金で買えるしな
maxresdefault

・金でトロフィー買えるニーアよりも高い
・ペルソナ5低いな
・トロフィー大好きな人いるからみんなニーアみたいな仕様にすればいいのに


スパイダーマンのようにやり込めるゲームが増えるとトロフィー集めも苦ではなくなりますね。
あとトロフィーを集めるとゲーム内に何かのアイテムや装備品がアンロックされていくとか壁紙が貰えるとかそういう要素があると頑張れる(´・ω・`)

【PS4】Marvel's Spider-Man
【PS4】Marvel's Spider-Man
posted with amazlet at 18.10.07
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-09-07)
売り上げランキング: 7