RDR2



『レッド・デッド・リデンプション2』では、幕が上がったばかりの現代アメリカを舞台に、壮大な物語が描かれます。10月26日、PlayStation®4とXbox One で登場です。

英語版トレーラー
 

1899年、アメリカ。開拓時代が終わろうとしていた。西部の町ブラックウォーターで大掛かりな強盗に失敗した後、アーサー・モーガンとダッチギャングは逃亡を余儀なくされる。連邦捜査官と国中の賞金稼ぎに追われる中、ギャングたちが生き延びるためにはアメリカの荒れた土地で強奪、暴力、盗みを働くしかなかった。抗争に関わるほど、ギャングはバラバラにされる危機に見舞われる。アーサーは、自らの理想と自分を育ててくれたギャングへの忠誠、そのどちらかの選択を迫られる。

『レッド・デッド・リデンプション2』では、幕が上がったばかりの現代アメリカを舞台に、壮大な物語が描かれます。PlayStation®4とXbox Oneで10月26日に登場です。

新たに公開された上記のローンチトレーラーをご覧ください。そして今すぐ予約注文して軍馬と無法者サバイバルキットを手に入れましょう。あるいはスペシャル・エディションやアルティメット・エディションを購入すれば、さらにボーナス特典や限定コンテンツを受け取れます。また本日の深夜から、PlayStation™StoreとXbox ストアでダウンロード版の事前ダウンロードが全世界の対象地域で可能になります。ダウンロード版を予約注文すると、「GTAオンライン」でGTAマネーを獲得できます。

米国で複数の個人経営のゲーム販売店は『RDR2』の入荷が11月以降になると報告

レッド・デッド・リデンプション2 - 181021-135542

Kotakuの報道によると、複数のゲーム販売店、それからゲームレンタルサービスのGameflyは、『レッド・デッド・リデンプション2』を発売日である10月26日に販売できないという。本作のパッケージ版の大半はGameStopやBest Buyといった大手のゲーム販売店に渡り、その他の多くのゲーム販売店は1週間以上待たなければならない模様。

これら個人経営のゲーム販売店は、『レッド・デッド・リデンプション2』の入荷が遅くなる理由を聞かされていないという。考えられる理由としては流通量の不足、それから個人経営の販売店がゲームを発売前に売ってしまう可能性に対する懸念が挙げられている。


また、一部の販売店はXbox One版のみを発売日に入荷できそうだと報告しているが、大半の販売店はすべてのバージョンに関して発売初週にゲームを入荷できないらしい。


GameFlyは顧客に対して以下のようなメールを送っている。

サプライヤーから、ゲームを発売前に提供できないというお知らせがありました。現時点、PS4版の入荷は11月7日以降になる見込みです。『レッド・デッド・リデンプション2』を楽しみにしている方がたくさんいることは承知しております。誠に申し訳ございません。

同社の公式ウェブサイトにも似たようなメッセージが掲載されている。Redboxといった他のゲームレンタルサービスの入荷スケジュールについては不明だ。

『レッド・デッド・リデンプション2』パッケージ版がディスク2枚組になるという情報もあり、これが原因で流通量が不足していることも考えられるだろう。個人経営のゲーム販売店が発売前にゲームを売ってしまう可能性に対する懸念に関して言えば、大手販売店も過去にゲームを発売前に売ってしまった例があるので、フェアではないだろう。

以下全文を読む




日本でもRDR2が品切れになる予感(PS4版だけ)