Fallout76_T51b-Logo-680x382

ガン闘病中に『Fallout 76』先行プレイし亡くなった少年をベセスダが静かに追悼―1万ドルを寄付

ガン闘病中
・ベセスダ・ソフトワークスより11月15日に発売されるシリーズ最新作『Fallout 76』を発売する同社が、シリーズファンであるガン患者の少年ウェス君に対して寄付していたことが海外メディアより報じられた。

・『Fallout』シリーズの熱烈なファンで、ガン闘病中に全世界のプレイヤーに先駆けて『Fallout 76』パワーアーマー・エディションをベセスダから直接プレゼントされた12歳の少年ウェス君。5歳から続く闘病の末、2018年11月3日に亡くなった。

・ウェス君の生前から彼への寄付を募っているGoFundMeのページでは寄付者と寄付金額を確認できるが、そこに「Bethesda Softworks」の名前があることをRedditユーザーが発見。同社からの寄付金はなんと1万ドルとなっており、寄付者の中でも最高額となっている。

■関連記事

反応

・レスポンダーとして彼は先に旅立ったのだろうか
・亡くなってたんか残念だ
・発売まで後2週間切ったところで亡くなったのか...
・泣いた
・感動ポルノ
・会社も神対応や…
・同じFOファンとしてはすごく残念に思うんだけど、あっちでは12才でこのシリーズ買えるの? CEROみたいな団体とかないんだっけ?
・おま値された日本からの上乗せ分がチャリティーに使われるとか胸熱だな
・これが感動マーケティングって奴か


ちょっとウルっとした(´・ω・`)