honda
本田翼、ゲームが教えてくれたこと あふれるドラクエ愛
本田翼
オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」をモチーフとした人気漫画をドラマ化する「ゆうべはお楽しみでしたね」の主演に、女優・本田翼が抜てきされた。「原作の漫画も、ドラクエも大好き。好きなものがダブルでやってきて、本当にうれしい」と喜びもひとしおの本田は、「ゲームは、人生で大切なことを教えてくれた」とゲームへの愛と感謝をあふれさせる。ゲームが、彼女の人生にもたらしたもの。その素顔に迫る。

本ドラマは、「ドラクエX」内で知り合った男女のシェアハウス生活を描くラブコメディー。女性キャラクターにふんしてゲームをプレイしていたオタク男子・たくみ(岡山天音)が、ちょっとした勘違いから、男性キャラクターを使うギャル系女子のみやこ(本田翼)とルームシェアをすることに。正反対の2人の日常が、コミカルに描かれる。


今ではすっかり、ゲーム好きとして有名な本田だが、以前は驚かれることも多かったという。それだけに、見た目は“強気なギャル系”でありつつ、部屋では“すっぴんめがねのゲーマー”という、みやこのギャップには、共感できる点も多かった。「私も自分の中にファッション好きな一面と、ゲーム好きな面が共存しています。そういった部分は自分と重なるし、演じる上でも自然に入り込むことができました。素の私に近い姿が見られるドラマになるかもしれません」

モチーフとなる「ドラクエX」も「大好きなんです。ものすごくハマった」という本田。「出た当時は、1日18時間くらいやっていたこともあります。オンラインゲームなので、知らない人とチャットができるんです。それがすごく楽しくなってしまって。1年くらいは、仕事が終わったらすぐに帰って『ドラクエX』をつける生活でした」というほどのどハマりぶり。ドラマのように「ドラクエ」をきっかけとした、現実世界での友情や恋も「あり得ますね!ゲーム性として心を開きやすいのか、『ドラクエX』で出会って、結婚された方もいますし」とユーザーとしての意見を明かした。


ゲーム好きになったきっかけは、ゲーム好きの兄の存在が大きかったといい「ゲームボーイが出た頃に『ポケットモンスター』や『ドラクエ』をやって、どんどん好きになっていったんです」と述懐。とりわけ“ドラクエ愛”は熱く、「魅力は、憎めない顔をしたモンスター。『攻撃する、しない』など項目で選べるので、焦らずにゲームできるのもポイント。ストーリーも良いし、あまりゲームをしない女性でも親しみやすいと思います」と熱弁は止まらず、「ゲームは人生で大切なものを教えてくれるんです」とも。

「ゲームをしていると、『今回はなぜ負けたのか』『自分に何が足りないのか』と考えるようになります。レベルなのか、使っている武器なのか、装備の強さなのかなど、なぜ今、こうなったのかという原因を、自然と考えることができるようになったんです。そう考えることって、お仕事だけでなく、生きる上でも大切なこと。もともとの私の性格は、感情で突っ走ってしまうタイプなのかもと思いますが、ゲームを通して自分を客観的に見られるようになりました」。



反応

・本田翼ちゃん×ドラクエというだけでもう好き
・本田さんはガチのゲーマー
・クッソかわいい
・ほんと、大切なことは漫画やアニメ、ゲームから教わったと断言できる。 ドラクエ5なんかビアンカとフローラの究極の2択を迫られるし。
・ドラクエから人生を学べるし本田翼はマジ天使
・こういう彼女が欲しい
・この子はガチ
・矢口見てるか?


この子はマジもんのゲーマーだし好感持てる(´・ω・`)