ns

米で日本の「Nintendo Switch」が絶好調、19年も注目すべき理由

(MAG2 NEWS) - 190106-213155

日本の「Nintendo Switch」が2018年のホリデー・ショッピングの期間に、アメリカ国内で過去もっとも売れたゲーム機の記録を塗り替え話題になっています。伝えてくれたのは、『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNY在住のりばてぃさん。マーケティングのプロでもあるりばてぃさんは、この好調は、2019年も持続しそうと見ているようです。その理由とは?

Nintendo Switchが売れている!

(1)米国での売上好調

最近のゲーム機は様々だ。スマホでもいつでもどこでもゲームができるし、本格的なゲームをしたい方には、X boxや、プレイステーションなどなど様々なゲーム機がある。パソコンでゲームをするという方もいるだろう。20~30年前と比べてもかなりゲーム業界は変わってきている。

そんな中、任天堂のゲームが米国でバカ売れというニュースが出ている。特に、Nintendo Switchがめっちゃ売れているという。

調査会社NPDグループによると、2017年3月に発売開始から2018年11月までの21ヶ月間で米国内で870万台超売れたとのこと。これは、 マイクロソフトのXbox OneやソニーのPS4(プレイステーション4)よりも販売数が上回っており、ニュースになっている。

さらに、このメルマガでもお伝えしたように、米国の年末商戦は11月の感謝祭を皮切りにスタート。特に、1年に1度の大セールとなる感謝祭翌日のブラック・フライデーと翌週月曜日のサイバー・マンデーはかなりの売上を上げるため、その年の売上を左右するほど影響を持つ。

その大セールの期間5日間で(感謝祭からサイバー・マンデーまで)米国史上もっとも売れたゲーム機となった。


めっちゃ好調!しかも、これ、12月7日に世界同時発売された「大乱闘スマッシュブラザーズ」(Super Smash Bros. Ultimate )は含まれていない。

12月18日付のバラエティの記事によると、発売から11日間で、米国内だけでも300万個売れたとのこと。

一方で、11月27日付の経済誌ブルームバーグは、任天堂が当初予定していた2年間でNintendo Switchの目標販売台数3,800万台だったのに対して、ブルームバーグが8人のアナリストが出した販売数を平均したところ3,500万台にとどまる見通しと報じている。

当初の目標台数よりは下回る可能性は残っているようだが、とにもかくにも米国だけでもこのホリデー期間の任天堂の商品はかなり売れており、引き続き注目だ。


別の調査レポートによると、2019年は、Xbox OneとPS4よりもNintendo Switchが売れるとの発表もでている。




売れた!凄い!!ばかり書かれてるけど
どこに注目する理由が書いてあるのだろうか(´・ω・`)