20181226-82255-004

Nintendo Switch向けニンテンドーeショップのアメリカ市場は、低価格ゲームが席巻。DL版トップ10のうち5本が1ドル以下

Nintendo Switch
ニンテンドーeショップでは、全世界で大規模な年末セールが実施されている。大ヒットタイトルからインディー作品までお安く販売中。それにともない、eショップのダウンロードランキングに異変が起きている。日本およびイギリスのニンテンドーeショップは、普段とそう変わりないのだが、アメリカのニンテンドーeショップはやや異様な光景になっている。
20181226-82255-004

結論からいうと、アメリカのNintendo Switch向けニンテンドーeショップは低価格タイトルが席巻している。具体的にいうと、ダウンロード版のチャート上位10位のうち5タイトルが1ドル以下である。トップに君臨する『Bouncy Bob』は定価1ドルから99%オフの1セント。5位の『NoReload Heroes』は90%オフの99セント。『Astro Bears Party』は90%オフの49セント。『The Way Remastered』は、93%オフの99セント。10位の『NO THING』は90%オフの19セント。いずれも90%オフ以上で、1ドル以下の格安価格。こうした値段設定の作品が存在感を見せている。


興味深いことに、これらのタイトルはSteamでも発売されているが、Nintendo Switch版のみ特に安く販売している。『Bouncy Bob』のSteam版は1.49ドル。Nintendo Switch版はわずか1セントであると考えると、大きな価格差がある。『NoReload Heroes』に至っては、ウィンターセール中にもかかわらずSteam版は値引きなし。『The Way』もSteam版は2.99ドル。やはり、Nintendo Switch版のみ極めて安く販売されているという傾向がある。Nintendo Switchユーザーが、Steam版と価格を比較して購入しているわけではないかと思われるが、少なくともパブリッシャーが同ハード向けに特別な価格設定をしており、それが功を奏していることは間違いないだろう。


上位にこれほど並ぶというのは、今のアメリカにおけるNintendo Switchのeショップの市場の状態をひとつ表しているといえそうだ。

特別価格にすることでゲームがチャート上位に顔を出しても、売上1本ごとの利益が低ければトータルでマイナスになることもありえる。

以下全文を読む


反応

・1セントって…
・インディーばっかでやっぱつれぇわ
事実上のフリプ
・>パブリッシャーが同ハード向けに特別な価格設定
あっ
・薄利多売か
・儲けないだろ
・そこで買取保障ですよ
・ワンコインww


スイッチユーザーは乞食が多いのかね(´・ω・`)