TOPゲームハード業界 > 「あのとき、確かにゲーム買うならコンビニだった。この20年あまりの間に、買い方ってけっこう変わった」

    6fe00740-15a9-11e9-bae7-1d601fb7efc3

    あのとき、確かに「ゲーム買うならコンビニ」だった:レトロゲーム浪漫街道

    Engadget 日本版 - 190114-202856


    突然ですが、みなさんはゲームソフトってどこで買ってますか。筆者は最近、思いついたときすぐに欲しいので、ダウンロード版で購入することが多くなりました。本当はパッケージで大事にとっておきたい性分なんですが、DL版のスピード感にはなかなか勝るものなしで......。
    そこから遡って最近、ふと自分の「ゲームの買い方」について考えていました。この20年あまりの間に、買い方ってけっこう変わったよなぁと。

    デパートと「ファミラン」と秋葉原と......

    最初の出会いはデパートのおもちゃ売り場だったと思います。1990年代前半、スーパーファミコンの全盛期で、話題作はいつも店頭のテレビでデモ映像を流していました。

    お家にゲーム機が導入されたのは小学校の高学年になったころ。で、最初のハードがスーファミでした。ただ当時のスーファミソフトは定価1万円クラスのものも多く、小学生が買ってもらうには高すぎる。ということで、デパートではなく、中古ソフトも扱うゲームショップに通うことになります。中古ショップでは、新品だと手が出せない人気作もだいたい3000円台ぐらいで買うことができました。自宅からひと駅ほど離れたところにあった「ファミコンランド」(通称ファミラン)に友だちと自転車で行ったっけ。ちなみに当時は東京の練馬区在住です。
    その次の段階としては、ちょっと古いゲームソフトなどの「品揃え」を期待するようになります。そこで初めて向かうことになったのが秋葉原のゲームショップ。おそらく誕生日だったか、父に連れていってもらいました。スーファミ以外にも、ゲームボーイソフトとか、周辺アイテムなんかをちょこちょこ買ってもらい楽しかった思い出。お店の名前が思い出せないのが残念......。

    「デジキューブ」コンビニ進出の存在感

    そうこうしているうちに、ゲーム業界に次の波としてプレイステーション、セガサターンの時代がやってきました。筆者が中学生になった1996年は"「ファイナルファンタジーVII」前夜"の強烈なイメージとともに、「デジキューブ」が登場。

    「ゲーム買うなら、コンビニだ。」というフレーズを強調したデジキューブは、「FF」のスクウェア(当時)が立ち上げた新会社で、プレステ、サターンなどの新作ソフトをコンビニに並べる専用の棚を置いたことと、大量のテレビCM効果もあり話題になりました。

    最新ゲームの宣伝番組が映るテレビ画面が付いたデジキューブのゲーム陳列棚。そこにはゲームソフトのパッケージ画像がプリントされた正方形のカードが並べられていて、レジに持っていくと奥からソフトを出してきてもらえる仕組みでした。対象になった店舗は当時のセブン-イレブンやファミリーマート、サンクス、サークルKなどです。
    6fe00740-15a9-11e9-bae7-1d601fb7efc3


    コンビニでのゲーム販売......。今となっては半分当たり前のような、もう半分は「あったな、そんなのも」というような不思議な思い出です。商品を原則として定価でしか販売しない(中古は扱わない)ことも要因となり数年後には失速して、デジキューブの陳列棚は姿を消すことになりました。しかし1996年~98年ごろの自分を思い返すと、少なくとも年に1~2本しか買えなかった新品ソフトは必ずコンビニで買っていた気がします。

    「FF」シリーズをはじめとした期待値の高い大作ソフトでは、コンビニで予約して買うと特典がついてきたんですよね。有名なのは、ゲームの世界観や序盤の攻略法が紹介されている"限定ガイドブック"とか。それらのボリュームや内容は薄かったけど、グッズとして抗いがたい魅力があって、これ目当てでコンビニを利用した人はけっこういたはず。あと、今ネットで調べてもあまり情報が出てこないですが、「コンビニ販売専用」のソフトがそれなりにあったことも大事なポイントだったかと。

    やたら増えた当時のポイントカードを眺めながら

    2000年代に入りデジキューブの存在感が薄れたころ、このあたりになると「ブックオフ」がかなり勢力を伸ばしてきたこともあり、CDや本やコミックなんかと一緒くたで中古ゲームソフトを扱うお店に個人的にも入り浸るようになりました。当時はブックオフ以外に「カメレオンクラブ」(通称カメクラ)が行きつけでしたね。うーん、この手の店名はどこまで通じるんだろうか。

    人に話しても通じないショップ名の話でついでに言うと、中~高生時代に住んでいた京王線の某駅前にあった「エディ」というCD屋さんにはかなりお世話になりました。スタンプカードでポイントをためて、一生懸命ためたポイントはゲームのサントラCDに引き換えてもらったり。これは90年代後半ごろ、演歌のカセットテープなんかを売っているような小さなレコード店でもゲームソフトが買えたという記憶でもあります。

    大人になってヨドバシカメラ、ビックカメラあたりで日常的に買い物をするようになり、その少し後ぐらいにAmazonと出会ってからは、現在とあまり変わらない感じです(強いて言えば、当時の家電量販店には「さくらや」がまだあったか)。

    話はあちこち飛びましたが......

    紆余曲折ありまして......現在もっとも(筆者の)利用頻度が高いダウンロード購入のデビューは、2006年末ごろから始まったPlayStation Storeのゲームアーカイブスでした。ゲームアーカイブスはダウンロード専用サービスなので、普段の新作ゲームソフトとは意味合いが違いますが、「数百円で買えるならパッケージなしでもいいかな」と受け入れるきっかけに。あれから約10年、今は8000~9000円クラスの最新ソフトでも欲しければダウンロード販売で買うようになりました。

    ゲームの思い出においては、「何を買ったか」はもちろんですが、「どこで買ったか」も重要なはず。今回はかなり個人的な話だらけになってしまいましたが、自分らの世代・地域ではこうだった、というのを残しておきたい意味もあってまとめてみました。この記事を読んでくれた人には、「オレの場合はこうだったよ」という感じで話題にしてもらえたらうれしいです。

    しかしこうして振り返ってみると、ゲームソフトを買うことに一番熱心だった10代前半にコンビニでの特典つき予約販売が盛大に行われていたのは大きかった。行動範囲があまり広くなく、家電系の量販店もまだ身近ではなかった時期、コレがあったから「発売日の早朝にお店に並んで買う」という経験も実はしなかったですし。1997年1月31日、朝の通学途中のサンクスで、「FFVII」と予約特典のガイドブックを受け取ったときのうれしさは一生忘れないと思います。
    以下全文を読む

    事業内容・倒産
    ソフト媒体の生産コストが大幅に下がったことを利用し、販売店(主にコンビニ)からの返品を受け入れる制度を取り入れていた[3]。一方でソフトの値引きを行わず、定価での販売を原則とした[4]。これは初回出荷本数をデジキューブ側が設定できる見返りとして契約されたもの。売り切れた場合は販売店の裁量で仕入れ、その場合は返品できない。デジキューブでは「コンビニはPOSシステムが整備されているため、高い精度でソフトの実需要を捕捉することが可能で、売れ残り本数を従来に比べ大幅に減らせる」としていた。ただ、実際の収益率はお世辞にも良いとはいえず、店側も任意分の売れ残りを中古業者に売却して処分していたため、一時期ソフトの価格が大幅に下落、価格設定を譲らないメーカー側との間で半ば強引なやり取りがあったとされている。このスタイルが定着した後、出荷本数と実売との差が大きく開くようになり、一部メディアから指摘されたこともあった。
    形式上は独立した卸売・販売会社ではあったものの、その存在は母体であるスクウェアの売り上げを単に補填する為の存在であったという側面も否めない。またスクウェアの当時交流があった会社にもその取り扱われるゲームのラインナップは左右され、そのために任天堂・コナミなどの製品を取り扱えなかったことが利益を取りこぼした原因とも言われている。
    コンビニ店頭の端末へCS放送(スカイパーフェクTV!)によるゲームソフトのPR映像などを配信する「デジキューブチャンネル」の放送も行っていた。ゲームソフト以外にも、グラビアDVD、音楽CD、パソコンソフト販売を行っていた。

    店頭ではほぼ定価販売であったための割高感や、ネット通販の普及によるコンビニでのゲームソフト売り上げの低下などにより、資金繰りが悪化していた。1999年にはコンビニに設置した端末(マルチメディアステーション)による音楽などの配信を行う「キオスク端末事業」へ参入するが、黒字転換することなく2001年に撤退、約19億円もの損失を出す。さらに2000年に三和銀行との合弁で設立したコンビニATM事業会社「ミックスキューブ」が、三和銀行がアイワイバンク銀行(現・セブン銀行)のATM網を利用する方針に転換したことから清算を余儀なくされるなど、周辺状況も悪化。これにより2002年3月期には約60億円の損失を出した。
    これを受けて、2002年にはカルチュア・コンビニエンス・クラブなどからの第三者割当増資を受けていたが、2004年3月期も約27億円の純損失を出す見通しが明らかになり、債務超過に陥る可能性があったため、事業継続を断念することとなった。

    この規模の企業で会社更生手続きを行わず、即清算に踏み切ったのは異例である。

    その後の出版事業は、合併後のスクウェア・エニックスが引き継ぐ形となり、デジキューブ倒産に伴い絶版となった書籍や音楽CDの多くが同社より再発売されている。

    反応

    ・スクエニ辺りが勝手に言ってた事で
    実際コンビニで買ってたのもライトユーザーくらいで
    ゲーム好きは普通にゲームショップで買ってた
    ・ポケモン銀はローソンで予約したわ
    ・もう20年以上も前の話だな
    ・ごり押ししてただけだろ
    ・デジキューブ自体は5年も続かなかったような
    ・デジキューブがあったときも
    FF以外コンビニで買わなかったわ
    品揃えも悪いし定価だし
    コンビニで買う意味がわからない
    ・たしかデジキューブはCD関係流通に手を出そうとして銃弾撃ち込まれたんだっけ
    ・セブンイレブンの店内放送でずーっとFF7の宣伝やってたよな
    当時FFはゲーム好き以外にはあまり知られていなかったから
    あれで初めて知ったという人も多かったかも
    ・スターオーシャン2をコンビニで買った思い出
    ・エターニアとデュープリズムとデスティニー2はセブンで買ったわ
    ・FF7をファミマで買った奴は俺だけじゃないはずだ
    ・そういう時代を作ろうとして失敗した感じだったような
    少なくとも俺の周りはコンビニより普通にゲーム屋行ってたな
    ・ゲームショップ、中古屋がガンガン潰れて行った暗い時代でもあった
    結局はコンビニの方もそれほど売れずに運営会社もすぐ潰れてしまった
    ・致命的だったのはコンビニには長期間並べて置けるだけの棚が存在しないってことだな
    なのでノーリスクで返品できる初回出荷分が売り切れたあとリピートがかからなかった
    たまにイケイケドンドンで仕入れる店もあったけど定価販売が仇となり店長が不良在庫を抱えて中古屋に走ることに
    ・FF販売の頃はコンビニに行列できたんだよなぁ


    個人的にもFF7をコンビニで買ったけど、結局は高いしポイントつかないしで買わなくなる(´・ω・`)



    キングダム ハーツIII - PS4
    スクウェア・エニックス (2019-01-25)
    売り上げランキング: 1

    スポンサードリンク

      コメント

       コメント一覧 (1)

        • 1. ゲーハーキング名無しさん
        • 2019年01月15日 16:14
        • デジキューブ事件とかあったな

      コメントする

      コメントフォーム
      評価する
      • 1
      • 2
      • 3
      • 4
      • 5
      • リセット
      • 1
      • 2
      • 3
      • 4
      • 5
      • リセット

      このページのトップヘ