20190121-83578-header

『エースコンバット7』の「犬」に奇妙な注目集まる。JPEG画像ではないかと海外で話題に

『エースコンバット7』

空を美しくリアルに描くフライトシューティングゲーム『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン(以下、エースコンバット7)』にて、なぜか「犬」に大きな注目が集まっている。TwitchストリーマーPatrick Boivin氏が、この犬に対し反応したことが発端となり、PCGamesNKotakuなど複数の海外メディアが犬に熱視線をおくっている。

話題となっている犬が登場するのは、ミッション6におけるエルジア王国王女ローザが紹介されるシーンだ。カメラは犬を連れ添えミハイの孫娘たちと話すローザを写し、ドクター・シュローデルによるナレーションによって、彼女の生い立ちが解説される。いたって真面目なシーンであるのだが、前述のストリーマーであるBoivin氏は、ナレーションではなく「犬」が気になったようだ。というのも、このシーンではローザと2人の少女は生き生きと美しく描かれるのだが、犬は鳴き声こそ聞こえるが微動だにしない。エフェクトにより画面が揺れているが、犬だけが明らかに動いていない。この犬はどうしても、“画像の貼り付け”に見えてしまうのだ。こうした経緯により“Dog.jpg”という謎のネットミームが誕生した。



20190121-83578-header

『エースコンバット7』では、Unreal Engine 4によって美しい世界が描かれている。空や機体だけでなく、人間も緻密に描かれる。これだけリッチに描かれる作品であるにも関わらず、犬だけが画像であるというシュールさがツボに入ったのか、Boivin氏は「こんなクレイジーなカットシーンは初めてだ!最高のゲームだ!」と爆笑しながらゲームを称賛。その様子がSNSでシェアされ、流行を生み出したというわけだ。ちなみにこの犬は、同ミッション中のカットシーンで2回登場し、それぞれ違うポーズをとっているが、どちらも全く動かない。それゆえに、“JPEG疑惑”を持たれている。背景が透過されていることから、JPEGではなくPNGやTIFFなのではないかとの指摘もあるが、よりキャッチーで親しみやすいという意味で“Dog.jpg”というフレーズが定着しているようだ。





すでに一部ユーザーは、この犬をさまざまなゲームの背景に登場させるという奇妙なコラージュを投稿し、笑いを誘っている。さらにはバンダイナムコエンターテインメント・ノルディックがこのミームに反応し、犬の画像を採点するアカウントWeRateDogsに「この忠実で勤勉なJPEGの犬を評価してください!」とメッセージを送っており、全世界でまたたく間に話題が拡散されている。




『エースコンバット』シリーズのブランドディレクターを務める河野一聡氏はTwitterにて、「忠実なワンコ」が撮影後に亡くなったことを明かし、感謝を述べている。

反応

・わんこ殿に(`・ω・´)ゞ
・エスコン7のjpeg犬のシーン、改めてじっくり見るとジワジワとくるなw
・御役目を全うされて天に召されたのでしょうか。 お疲れ様でした。 最敬礼を。そして、R.I.P.
・オチで泣いた……
・どの星になったのでしょう。空を飛びながら、探してみたいと思います。「スカイクロラ」や「紅の豚」などの作品で、上空はあの世もしくはあの世との狭間として描かれていましたから、少しだけ近くに行けるかもしれません。どうか、安らかに(-人-)
・JPEG dogの愛称で親しまれてるの草生える
・本編とは違って穏やかに逝けた事を願います・・・


わざわざ撮影したのに画像で処理されたのはアレですけど亡くなってたとは(´・ω・`)