04c6b4b5

スクエニHD、第3四半期の営業益は65%減の117億円 家庭用・スマホ・MMOが減益 「ロマンシング サガ リ・ユニバース」は第4四半期から計上

スクエニHD
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、本日(2月5日)、第3四半期累計(18年4月~12月)の連結決算を発表し、売上高1790億円(前年同期比4.8%減)、営業利益117億円(同65.3%減)、経常利益159億円(同54.1%減)、最終利益89億円(同60.1%減)だった。

 


電子書籍が好調だったことを受けて出版事業が大きく伸びたものの、主力のゲーム事業が減収減益となった。家庭用ゲームソフトやスマートフォンゲーム、MMOゲームはいずれも減益となった。セグメント別の状況は以下のとおり。


■デジタルエンタテインメント事業
売上高1304億円(同9.1%減)、営業利益148億円(同59.3%減)だった。

家庭用ゲーム機向けタイトル「SHADOW OF THE TOMB RAIDER」、「JUST CAUSE 4」、「OCTOPATH TRAVELER」などを発売し、増収となったものの、新規大型タイトルの開発費の償却や広告宣伝費が増加したことから、前年同期比で減益となった。

スマートデバイス・PCブラウザゲームは、前期にサービスを開始したタイトルの多くが想定を下回り、既存有力タイトルの売上高に上乗せをするに至らなかった。またライセンス収入の減少や広告宣伝費の増加で前年同期比で減収減益となった。

なお、12月より配信を開始した「ロマンシング サガ リ・ユニバース」は好調な出足となっており、第4四半期から売上計上するとのこと。

多人数参加型オンラインロールプレイングゲームにおいては、前年同期に「ファイナルファンタジーXIV」と「ドラゴンクエストX」の拡張版ディスクの発売があったことから、前年同期比で減収減益となった。


■アミューズメント事業
売上高342億円(同8.7%増)、営業利益14億円(同42.8%減)だった。店舗運営が堅調に推移したことに加えて、アミューズメント機器において新作の発売があったことにより、前年同期比で増収となった。一方で、店舗の機器入れ替えに伴う償却費の増加やアミューズメント機器の収益性低下などにより、前年同期比で減益となった


■出版事業
売上高99億円(同20.4%増)、営業利益28億円(同52.7%増)だった。コミック単行本は紙媒体での販売が前年同期と同じ水準だったものの、電子書籍形式での販売が大幅に増加した。さらに、マンガアプリの「マンガUP!」が好調だった。


■ライツ・プロパティ等事業
売上高51億円(同11.9%減)、営業利益5億円(同64.8%減)だった。前年同期において自社コンテンツの新規キャラクターグッズ等の投入があった反動減で、前年同期比で減収減益となった。


 
■2019年3月期の見通し

続く2019年3月通期は、売上高2700億円(前期比%増減)、営業利益300億円(同21.4%減)、経常利益300億円(同17.0%減)、最終利益210億円(同18.7%減)を見込む。

 

株式会社 スクウェア・エニックス・ホールディングス
平成31年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

2019(平成31)年3月期 第3四半期 決算短信


1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
 当社グループは、報告セグメントをデジタルエンタテインメント事業、アミューズメント事業、出版事業、及びライツ・プロパティ等事業と定め、各々のセグメントにおいて、事業基盤の強化と収益力の向上に努めております。
 当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高は179,070百万円(前年同期比4.8%減)、営業利益は11,720百万円(前年同期比65.3%減)、経常利益は15,970百万円(前年同期比54.1%減)となりました。
 なお、当社完全子会社である株式会社Luminous Productionsについて、事業方針の抜本的見直しを行う決定をしました。これにより、主に同事業に係るコンテンツ制作勘定の処分等3,733百万円を特別損失として計上したことなどから、親会社株主に帰属する四半期純利益は8,916百万円(前年同期比60.1%減)となりました。

 当第3四半期連結累計期間の報告セグメント別の状況は次のとおりであります。

○デジタルエンタテインメント事業
 ゲームを中心とするデジタルエンタテインメント・コンテンツの企画、開発、販売及び運営を行っております。デジタルエンタテインメント・コンテンツは、顧客のライフスタイルにあわせて、家庭用ゲーム機 (携帯ゲーム機含む)、PC、スマートデバイス等、多様な利用環境に対応しています。
 当事業における当第3四半期連結累計期間の売上高は130,482百万円(前年同期比9.1%減)となり、営業利益は14,803百万円(前年同期比59.3%減)となりました。
 家庭用ゲーム機向けタイトルにおいては、「SHADOW OF THE TOMB RAIDER」、「JUST CAUSE 4」、「OCTOPATH TRAVELER」などを発売したことから、前年同期比で増収となりました。一方で、新規大型タイトルの開発費の償却や広告宣伝費が増加したことから、前年同期比で減益となりました。
スマートデバイス・PCブラウザ等をプラットフォームとしたコンテンツにおいては、前期にサービスを開始したタイトルの多くが当社の想定を下回り、既存有力タイトルの売上高に上乗せをするに至りませんでした。また、ライセンス収入の減少や広告宣伝費の増加によって、前年同期比で減収減益となりました。なお、12月より配信を開始した「ロマンシング サガ リ・ユニバース」は好調な出足となっております(当第3四半期の売上高には含まれず、第4四半期より売上高に計上)。
多人数参加型オンラインロールプレイングゲームにおいては、前年同期に「ファイナルファンタジーXIV」と「ドラゴンクエストX」の拡張版ディスクの発売があったことから、前年同期比で減収減益となりました。

○アミューズメント事業
 アミューズメント施設の運営、並びにアミューズメント施設向けの業務用ゲーム機器・関連商製品の企画、開発及び販売を行っております。
 当事業における当第3四半期連結累計期間の売上高は34,298百万円(前年同期比8.7%増)となり、営業利益は1,486百万円(前年同期比42.8%減)となりました。
 店舗運営が堅調に推移したことに加えて、アミューズメント機器において新作の発売があったことにより、前年同期比で増収となりました。一方で、店舗の機器入れ替えに伴う償却費の増加やアミューズメント機器の収益性低下等により、前年同期比で減益となりました。

○出版事業
 コミック雑誌、コミック単行本、ゲーム関連書籍等の出版、許諾等を行っております。
 当事業における当第3四半期連結累計期間の売上高は9,969百万円(前年同期比20.4%増)となり、営業利益は2,802百万円(前年同期比52.7%増)となりました。
 コミック単行本は紙媒体での販売が前年同期と同じ水準だったものの、電子書籍形式での販売が大幅に増加いたしました。さらに、マンガアプリの「マンガUP!」が好調だったことから、前年同期比で増収増益となりました。

○ライツ・プロパティ等事業

 主として当社グループのコンテンツに関する二次的著作物の企画・制作・販売及びライセンス許諾を行っております。
 当事業における当第3四半期連結累計期間の売上高は5,128百万円(前年同期比11.9%減)となり、営業利益は549百万円(前年同期比64.8%減)となりました。
 前年同期において自社コンテンツの新規キャラクターグッズ等の投入があった反動減で、前年同期比で減収減益となりました。

d89df45b

86a079f2
6f9a96d8
3106db48

4afdcd12


反応

・どこの会社もスマホゲーの利益が急激に悪くなってるな
もう完全にピークは過ぎたか
・なんでこんなに悪いの?
なんかあったっけ
・これからFF7Rまで何も無さそうだけど、どうするんだろ
・ジャスコ4含んでてこれなのかヤバイな
・スマホゲーはバブル崩壊したか
・まだロマサガは売上に入ってないのね
・スクエニはスマホゲーを出してサービス終了を繰り返して、ユーザーが疑心暗鬼になったのも良くないよ
・これは酷いw
来期出せるの無いしな
・スクエニソシャゲ=すぐにサービス終了する地雷
になってるからこれからも厳しそう
それでなくてもCSの大型タイトルはいつ出るかわからないFF7Rしか残されてないし
・ロマサガも鬼周回とクソ育成やらせるゲームだから金出してる層が飽きたら一気にオワコンになりそう
つかスクエニはソシャゲ乱発しすぎ
・スクエニ当分売るもんないけど大丈夫なの
・星ドラでガチャ必死になるわなこりゃ
・スクエニのソシャゲもう開幕即死になってきてるからな


>スマゲー新作を絞り込み

早く気づけよって(´・ω・`)