Monster Hunter- World

Metacritic、2018年で評価が高かったゲームパブリッシャーをランキングで発表、トップはカプコン

Metacritic
ゲームや音楽、映画の評価やレビューを集積し数値化するウェブサイトであるMetacriticは、2018年に評価が高かったゲームパブリッシャーをランキング形式で発表しました

今回のランキングは、一年間に12本以上タイトルをリリースした大手パブリッシャーとそれ以下の中小パブリッシャーに分けて発表。順位は、2018年にリリースされたタイトルの平均スコア、GoodレビューとBadレビューの割合、90点以上獲得したタイトルの数で決められています。

    大手パブリッシャー(最高得点を獲得したタイトル)
  • 1位 カプコン(90点『モンスターハンター:ワールド』(XB1))
  • 2位 SEGA(91点『ソニックマニア・プラス』(スイッチ))
  • 3位 エレクトロニック・アーツ(83点『FIFA 19』(PS4))
  • 4位 任天堂(93点『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(スイッチ))
  • 5位 ユービーアイソフト(87点『アサシンクリード オデッセイ』(XB1))
  • 6位 ソニー(94点『ゴッド・オブ・ウォー』(PS4))
  • 7位 スクウェア・エニックス(90点『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』(XB1))
  • 8位 バンダイナムコエンターテインメント(88点『ドラゴンボール ファイターズ』 (スイッチ) )
  • 9位 Digerati Distribution(80点『Omega Strike』(XB1))
  • 10位 NIS America(83点『魔界戦記ディスガイア Refine』(PS4))
  • 11位 Plug In Digital(80点『Knights of Pen and Paper +1 Deluxier Edition』(スイッチ))
  • 12位 Focus Home Interactive(79点『THE COUNCIL - EPISODE 1: THE MAD ONES』(XB1))
  • 13位 THQ Nordic(81点『Wreckfest』(PC))

  • 中小パブリッシャー
  • 1位 Activision Blizzard
  • 2位 Paradox Interactive
  • 3位 505 Games

2018年、最も評価が高かったゲームパブリッシャーはカプコン。『モンスターハンター:ワールド』もGOTYのベストRPG賞を受賞するなど非常に評価が高く、先月末に発売された『バイオハザード RE:2』でも高スコアを獲得していました。

反応

・カプコンマジで復活したな
・え?セガ??
・山下さんが入ってるww
・日本一が10位?嘘だろ
・いろいろと酷いな
・なんで任天堂が4位でソニーが6位なんだ?
・2018年に出した任天堂ソフトってほとんどメタスコア低くなかったっけ?
・任天堂がソニーに勝利!!


カプコン好調でなにより(´・ω・`)