dena2

DeNAの3Q、QonQで22%の減収に 四半期ベースで21億円の営業赤字に転落 ゲーム事業が苦戦、約8億円の一時的な会計処理も発生

DeNA
ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、2月7日、2019年3月期の第3四半期累計(4~12月)の連結決算(IFRS)を発表した。

第3四半期期間(10~12月)の業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、売上高は前四半期比22.9%減の264億円となり、営業損益は21億円の赤字に転落した。スポーツ事業が季節要因で第3四半期は赤字計上となることや、新規事業・その他が先行投資のため赤字であることは想定の範囲であるものの、ゲーム事業が期初の想定を下回る推移となり、その赤字をカバーできなかった形となっている。

また、ゲーム事業については、外部プラットフォーマーに対する債権額に関して、過去の支払手数料等の計上漏れが判明し、過去分も含め第3四半期に修正を行い、約8億円の一時的な会計処理が発生したことも影響している。
 

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、本日(2月7日)、第3四半期(18年10-12月)の決算説明会で、ゲーム事業の業績は売上収益198億円(前四半期比で7%減)、セグメント31億円(同34%減)と減収減益だったことを明らかにした。

特定タイトルの低下ではなく、既存の主力タイトルの売上が軒並み低下したことに加え、一時的な会計処理で8億円の損失が発生したことによる。売上の低下に対応して73億円のコスト削減を行ったが、カバーできなかったという。

第1四半期から計画に対して遅れが生じ、第2四半期と第3四半期で挽回していく計画だったが、第3四半期ではコイン消費が低下し、計画に対する未達分がより大きくなってしまったという。
 


第4四半期(1-3月)は増収増益となる見通し。守安功社長(写真)は、1月の立ち上がりが良好で好調を維持していること、そして、主要タイトルの周年イベントを2月、3月に控えていることを主な増収増益要因としてあげた。

なお、一時的な会計処理とは、外部プラットフォーマーに対する債権額に関して、過去の支払手数料の形状漏れが判明し、過去分も含めて費用として計上したことによる。次の四半期では発生しないとのこと。

ゲームタイトル一覧 _ 株式会社ディー・エヌ・エー

反応

・もうダメやねソシャゲは
・みんなソシャゲーは儲かる
ボロ儲けって言ってたじゃないですか
・任天堂との協業て何の意味も無かったな
厄介な取引先が増えただけ
・任天堂と組むと軒並み赤字になるね
・ソシャゲ自体オワコン
・DeNAってなんかヒットだしてたっけ?

ソシャゲメーカーが軒並み赤字だしてるけど立て直すのは至難やろうね(´・ω・`)