Vita 3DS -

携帯ゲーム機として長らく遊ばれてきたニンテンドー3DSとPS Vitaが「死にかけている」

携帯ゲーム機
同じ2011年に登場した任天堂のニンテンドー3DSとソニーのPlayStation Vita(PS Vita)ですが、その存在感は年々薄れていくばかり。そんなニンテンドー3DSとPS Vitaの現状を、海外ゲームメディアのKotakuがまとめています。

The 3DS Is Even Dying Better Than The Vita
https://kotaku.com/the-3ds-is-even-dying-better-than-the-vita-1832395229

PS Vitaと同じく2011年に登場した任天堂の携帯ゲーム機ニンテンドー3DSは、リリースタイトル本数が年々減少しており、無料ソフトを含めても2018年のリリースタイトルはわずか39本でした。PS Vitaも同じように年々リリースタイトルの本数が減少しているのですが、2018年のリリースタイトルは73本と、ニンテンドー3DSよりも多くのソフトが販売されています。
さらに先に目を向けると、ニンテンドー3DSとPS Vitaの先行きがかなり不透明であることがわかります。
2019年に日本でリリースされる予定のニンテンドー3DSタイトルは、2月6日発売の「Karous‐The Beast of Re:Eden‐」および、3月7日発売の「毛糸のカービィ プラス」、そして今冬発売予定の「大戦略 大東亜興亡史DX~第二次世界大戦~」と、春発売予定の「モバイルボール」のみ。


Kotakuによると、2019年にアメリカで販売されるニンテンドー3DSのタイトルは、記事作成時点では「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」だけだそうです。近年増加している「リマスター版」や「移植版」を考えると、他にもニンテンドー3DS向けのタイトルが登場する可能性はあるものの、2019年のニンテンドー3DS向けタイトルがかなり少ないことは明らかです。

どちらのゲーム機も2019年はほとんど新しいタイトルをリリースする予定がありませんが、PS Vitaはいち早く2019年3月8日(金)でPlayStation PlusのフリープレイにおけるPS Vita対応コンテンツの提供を終了する予定であることをアナウンスして準備しています。Kotakuは「ソニーはPlayStation 4で『偉大なゲームは偉大なゲーム機でのみ作られる』という教訓を得ていたものの、PS Vitaの運命を変えることはできなかった」と記しています。

また、PS Vitaの場合、日本では2019年2月14日に「キャサリン・フルボディ」がリリースされ、北米では「Spelunky」のパッケージ版がリリースされるという予定があります。さらに、北米では2019年3月にPS Vita向けタイトルの「Fate/EXTELLA LINK」が発売を控えています。ただし、ソニーはPS Vita向けタイトルのパッケージ版の生産を2019年3月31日に終了するとされており、2019年4月以降はPS Vitaでパッケージ版ソフトがリリースされることはなくなると見られているので、ニンテンドー3DSと同じく2019年の発売タイトル数はかなり少なくなるものと予想できます。

ニンテンドー3DSとPS Vitaは同じ2011年に発売されましたが、ニンテンドー3DSはマリオ・ポケモン・ゼルダといった人気IPを駆使し、任天堂史上最も売れたゲーム機であるニンテンドーDSの後継機として売上を順調に伸ばすことに成功しました。それに対してPS Vitaは、「アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり」や「KILLZONE: MERCENARY」といったタイトルで対抗したわけですが、ニンテンドー3DSのような人気を得ることができず、「結局はソニーから見放されることとなった」とKotaku。

2018年12月時点の任天堂のデータによると、ニンテンドー3DSの累計販売台数は7484万台、ソフトの累計販売本数は3億7597万本を記録しています。それに対して、ソニーは早くに見切りをつけたPS Vitaの販売台数データを公表していないため、その詳細な販売台数は不明です。ソニーは2013年春時点でのPS Vitaの累計販売台数を約700万台としており、2014年の販売台数は410万台とされていました。その後、ソニーは詳細な数字を公表しなくなったわけですが、Wikipediaには世界累計販売台数が1579万台と記されています。

販売台数の伸び悩みから早々にPS Vitaに見切りをつけたと思われるソニーですが、PlayStation Plusのフリープレイのおかげで「PS Vitaが長く遊べるゲーム機になった」という指摘もあるように、一部のユーザーには長らく愛され続けてきました。

2019年のリリースタイトルがほとんどないニンテンドー3DSと、PlayStation Plusのフリープレイやパッケージ版ソフトの終了が目前に迫り、プラットフォームの終了が間もなくと感じられるPS Vita。2011年から長年にわたって愛されてきた2つの携帯ゲーム機ですが、後継機は登場するのか、それともNintendo Switchのように据え置き型と携帯型の両方に対応できるゲーム機が代替となっていくのか、その行く末にはまだまだ注目が集まりそうです。

反応

・3DSも最初すごく苦戦してアンバサダープログラムとかやってたのを忘れずに
・携帯ゲーム機の終わりは近い・・・? Vitaと3DSの後継機の発表は今の所無さそうだしスマホゲームが人気だし両方共今年リリースするタイトルが少ないからそろそろヤバそう。
・「ニンテンドー3DSとPS Vitaの先行きがかなり不透明であることがわかります」いや、終焉に向かっているのは一目瞭然でしょう
・今でもしっかり使ってるよ。今月も来月もPSVの新作ゲー予約してるし。そういう下げ記事はやめて下さい。
・むしろ、3DSソフトがまだリリースされてることに驚いたよ
・スマホでPUBGできるのに、3DSやVitaでできない時点で専用機の価値がほぼなくなってるね
・SIEはもう携帯ゲーム機出さないのかね?


Vita後継機は出るのかわかりませんけど、SIEはもう携帯ゲーム機作らないのかね(´・ω・`)