ps4-is-entering-final-phase-of-its-life-cycle_k4gy

“Fairly Substantial” PS4 Exclusive From Second Party Studio Yet To Be Announced

“Fairly Substantial”

PS4にまだ未発表の「かなり充実した」セカンドパーティの独占ゲームがある。
ソニーがまだ明らかにしていないセカンドパーティのスタジオによって開発されているゲームがあるようだ。

元IGNでKinda Funny GamesのColin Moriarty氏によると、「かなり充実したPS4独占タイトルがまだ発表されていない」とTwitterで述べている。

ソニーが所有していないスタジオで独占タイトルを手がけてきたスタジオがいくつかあるが、すぐに思い浮かぶゲームスタジオが複数ある。ただし、Insomniacがスパイダーマン2を発表する可能性は低いと思われるが、Quantic DreamはPS5タイトルの準備しているという報道もある。

マルチプラットフォームのアンソロジーシリーズ、Man of Medanに取り組んでいるSupermassive Gamesは、まだ発表されていないPS独占ゲームがあるとと述べている。 もう一つの可能性は、『ワンダと巨像』などを手掛ける上田文人氏によって設立されたGenDesignがある。
興味深いことに、Sony Worldwide Studiosの吉田修平氏は、まだ明らかにされていないいくつかの独占的なPS4タイトルがまだあると述べていた。



ブルーポイントによるデモンズソウルリメイクだったらうれしい(´・ω・`)


SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4
フロム・ソフトウェア (2019-03-22)
売り上げランキング: 1