cc1ff6e1

梶裕貴さんから山崎賢人さんとの仲睦まじいエピソードも飛び出した映画『二ノ国』スペシャルステージをリポート!【AnimeJapan 2019】

映画『二ノ国』
2019年3月23日から26日まで(25日、26日はビジネスデー)、幕張メッセにて行われている“AnimeJapan 2019”。その1日目である3月23日には、2019年夏に上映を控える映画『二ノ国』のスペシャルステージが行われた。

映画『二ノ国』はいままでのレベルファイブ作品とは違うテイストのストーリーが描かれる

 まずは、ステージに製作総指揮、原作、脚本を担当した日野氏が登場。製作発表の反響について話が聞かれると、「いままでのレベルファイブの作品とは違う層の方々に届いている印象で、反響の大きさに驚いています」と想像以上のものだったそう。

 現在の製作については「中途半端なものは出せないというところで、ギリギリで頑張っています。製作は順調で、昔ながらのジブリテイストのような映像の雰囲気や、豪華キャストの方々によってキャラクターに命が吹き込まれるということで、すごい作品になりそうという手応えがあります」と自信をのぞかせた。

 ここで、そんな本作のキャストを務める宮野さんと梶さんもステージに登壇。過去にレベルファイブの作品への出演経験があるふたりをキャストに起用した理由について、日野氏は「ふたりの個性や、演技の方向性は知っていますので、本作のストーリーに合うふたりとして選ばせていただきました」と回答。


最後に日野氏は、「僕らのタイトルは基本的に、ゲームソフトとのクロスメディアとしてアニメーションを作るのですが、今回の『二ノ国』は純粋に良い映画を作りたいということで、ゲームとの連動は一切考えずに作りました。メッセージ性もしっかりとあって、映画を観てなにかを感じて頂ければ良いなと願って作っています。豪華スタッフがどうしたら良い作品になるかと意見をぶつけ合いながら作っていますので、是非ご期待してお待ち下さい」と話し、イベントは幕を閉じた。

以下全文を読む



日野さんハードル上げたね(´・ω・`)