PS5-Playstation5

Sony’s PlayStation 5 is the most exciting yet boring next-gen console so far

Sony’s PlayStation 5

任天堂は据置機と携帯機の両方を兼ね備えたゲーム機を出し、Googleは完全なストリーミングサービスを打ち出した。マイクロソフトもPCやスマートフォンと別け隔てのないプラットフォーム開発を行い、有料配信サービスGamePassにも力を入れており、各社とも大きな世代変化を遂げたが、PS5だけは従来の性能アップに留まっているだけにしか思えない。
ソニーの発表を振り返ってみて、現時点で真に驚くべきものは何もない。PS5でどのような新機能をもたせるか。いまだ明かさないのはソニーの戦略だろう。彼らは慎重に事を運んでいるのだ。

ソニーといえばこれまでも、消費者に新しい機能を売りつけるというよりも、人々が望むものを作ってきた。我々がマイクロソフトやGoogleの望む未来よりも従来通りのゲームスタイルを求めるのであれば、ソニーはそれに応じたゲーム機を作るはずだ。

少なくとも今の段階では、PS5はすべてのゲーマーが慣れ親しんだ旧来のアップグレードを目指している。我々がそれを望んでいるからであろう。刺激的かつ退屈な次世代機だ。

反応

・ここってMS提灯サイトじゃん
・ネガキャンご苦労様
・性能アップして何が悪い
・革新的な機能とかいるか?箱のキネクトとかどうなったよ
・ゲーマーはギミックとか新しさは要らないんだよ。性能上げて快適にゲームできればそれでいい
・ダンボールとかズッコケたじゃん
・PS4のときも同じ様なこと言って大成功しましたね
・スイッチはハブリッドにした結果低性能になってソフト集まらない地獄


革新的な機能も大事だけども順当に性能アップして美麗グラ、サクサクロード、フレームレートぬるぬるでゲームが遊べるほうがいいですよ(´・ω・`)