61VfRnxuSAL._SL1500_

UbisoftのWii U向けダウンロードゲーム全タイトルが4月24日に配信終了へ。『ウォッチドッグス』や『ゾンビU』など

UbisoftのWii U向けダウンロードゲーム
Ubisoftは4月19日、同社が取り扱うWii U向けタイトルのうち、国内ニンテンドーeショップにて販売中のダウンロード版の一部タイトルを、4月24日に配信終了すると発表した。

・ウォッチドッグス
・アサシン クリード4 ブラック フラッグ
・スプリンターセル ブラックリスト
・ラビッツランド
・ZombiU(ゾンビU)
・アサシン クリードⅢ
・スポーツコネクション
・チャイルド オブ ライト
・クラウドベリー キングダム

今回配信終了となるのは、上記の9タイトルだ。Ubisoftを代表するビッグタイトルから、同社が販売元を務めたインディーゲームまで幅広い作品が含まれる。なお、同社公式サイトにWii U向けとして掲載されている取り扱いゲームは全10タイトルあり、そのうちの9タイトルは上にリストアップしたものだ。残る1タイトルである『スナイパー エリートV2』は、2015年7月に既に配信終了しているため、同社は“一部タイトル”を配信終了すると発表したが、事実上Wii U向けの全タイトルを配信終了する形になる。パッケージ版については、店舗により状況は異なるようだが、まだ在庫のあるタイトルもある模様である。


Wii Uは2017年1月に生産終了しており、「Miiverse」「Wii U Chat」「Nintendo TVii」といった公式のネットワークサービスも終了している。任天堂としても、またサードパーティとしても軸足は既にNintendo Switchへと移しているなかで、前世代のプラットフォームにタイトルを置き続けることは、Ubisoftにとって何らかの負担があったのかもしれない。なお、これらのタイトルの販売終了は海外向けには発表されておらず、現時点では日本だけのようだ。


以下全文を読む


反応

・DL版すらも削除されるとか・・
・負の遺産
・存在自体が罪
・スイッチもそのうちDL版終了とかやりそうで怖いな
・悲しいね


次に切り替えていこう(´・ω・`)