5G-smartphones

20倍速い5G?実際の速度は2倍…情報を徹底的に隠す移動通信各社

20倍速い5G?
「LTEでは20秒以上かかる2.5GBの大容量ファイルを、たった1秒で送れます」(LGU+)

「大容量の映画を0.8秒で、観たいときに観たい映画をお楽しみください」(KT)

5世代(5G)移動通信の商用化から1カ月を迎えた3日、LGU+とKTは「5G移動通信サービス」を自社のホームページでこのように宣伝している。両社は5GがLTEより「20倍速い」と強調している。この速度は換算すると、20Gbps(秒当たり2.5GBの伝送が可能)だ。KTとLGU+が掲げる速度20Gbpsを出すためには、28ギガヘルツ帯域基地局が設置されなければならない。現在、通信社らが使っている基地局は3.5ギガヘルツ帯域基地局だけだ。結局、20Gbpsは「5Gの標準技術の理論上の最高速度」であるにすぎない。これから28ギガヘルツ帯域基地局が設置されるまでに数年はかかるだろうと予想される。それも人口密集地域を中心に設置される予定だ。

LGU+のホームページの「5Gサービス」紹介項目に書かれた最高速度。これを換算すると20Gbpsだが、現在実現可能な最高速度は2.1Gbpsに過ぎない//ハンギョレ新聞社

5Gネットワークの現在の速度は、最も速い場合でもLTEの2倍にとどまる。モバイル通信会社が宣伝する5Gの速度は、実際の速度より10倍以上水増しされたものだ。SKテレコム(SKT)は現在5Gの速度が2.7Gbpsとホームページに公開している。もちろん、これも「LTEと5Gを結合して出せる最高速度」だ。LGU+とKTの5Gの速度はどれほどだろうか。LGU+は最大2.1Gbps(5G+LTE)、KTは最高速度2.4Gbps(5G+LTE)、1.5Gbpsだ。

 LGU+とKTは、ホームページに実際の最高速度を見つけにくく表示している。実現されていない「20Gbps」は広告の項目で大きく見せながら、実際の速度は利用者がアクセスしにくいカバレッジ(5G利用可能範囲)マップに“ゴマ粒のような小さい文字”で隠されている。LGU+にいたっては、カバレッジマップの左下の「カバレッジ情報」というメニューを探し出し、またクリックしなければ速度を確認することができない。「速度に関する詳細はホームページで確認できるように提供する」という約款に反してはいないが「小細工」だ。しかもKTは「20Gbps」について、広告の項目で「理論上の最大速度であり、5G商用網の速度とは差がある」と案内しているが、LGU+にはこのような案内さえない。

 移動通信各社のこうした行動は「正確な情報提供」という趣旨に反する。放送通信委員会は2017年に「サービス速度およびカバレッジなどに関する情報を明確に告知せよ。理論上の速度と実際の速度に差があるという事実を知らせなければならない」と勧告している。だが、科学技術情報通信部は、ホームページに表示しているので別に問題はないという態度だ。科技情報通信部の関係者は「LTEのときから速度に関する事項はカバレッジマップに表示してきた」と述べた。


以下全文を読む

第5世代移動通信システム


3G時代から移動体通信の標準化を行っていた3GPPではRelease15以降に5Gの仕様を含めている。
Release15は2018年6月に要求を確定し、2019年10月頃に細部を含めた仕様が確定する予定となっている[2]。Release 16は2019年末の要求の確定を目指している。

導入は、6GHz以下の周波数帯を使って、LTE/LTE-Advancedと互換性を維持しつつ、6GHzを超えた帯域を使って、新しい無線通信方式を導入、基地局に計算資源を備えることにより、端末に近い場所で処理する事で、センターのサーバーへ伝送するデータ量を低減して、遅延を減らす「モバイルエッジコンピューティング」の導入などが想定される。

5Gでは、急増し続ける通信トラフィックへの対応が課題となっており、無線周波数帯の確保が重要視される。また、通信スピードの大容量化のためにより高い周波数帯を用いる予定であるため、マイクロ波の採用により、電波の直進性が極超短波より高まることから、携帯電話基地局の影では電波が届きにくくなり、多数の携帯電話小型基地局(マイクロセル)を数十メートル単位で設置する必要がある。通信速度の高速化は、シャノン=ハートレーの定理により、高消費電力も招きうるものであるため、モバイル環境での電池容量の確保も、技術的な課題となっている。もっとも、モバイル環境における、安定した電池確保の問題は、第3世代移動通信システムから続く、永続的な問題でもある。

既存の4G/LTEから5Gへの通信システムの変更に伴い、通信機器や産業機器の追加や入替が多発し、通信機器/電子部品を製造するサプライチェーンに大きな影響を及ぼすことが予想される。GSMAの予想では、5Gの普及は非常に緩やかかつ限定的になると考えられており、2025年でも主流な移動体通信は4Gに当たるLTEであり、5Gが通信に占める割合は3Gの半分程度とされている。

以下全文を読む


反応

・はい終了
・いつもの出し惜しみ商法
・朝鮮のは電波周波数が低いからなんちゃって5G
・LTEの2倍ってことは
今のLTEも実際はメッチャ遅いから
LTE本来の速度になっただけだな
・盛るのは中韓の得意技
・STADIAどうすんの?
・夢の規格みたいに言われてたのにどうしてこうなった
・ペテンの国の韓国だからこんなもんやろ?
・5GがあればSTADIAの勝利といってたバカおったな


5Gでバラ色の未来になるという夢をみたんだ(´・ω・`)


キングダムカム・デリバランス - PS4
DMM GAMES (2019-06-27)
売り上げランキング: 364