BNR4VAPJ4

ソニー、世界初の4層128GB BD-Rを11月発売。新4K衛星放送の録画訴求

ソニー

ソニーは、民生用として世界初となる4層構造、128GB容量のBD-Rメディアを11月10日に発売する。12月からスタートする新4K衛星放送を見据え、4K放送録画用としても訴求。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1枚パックの「BNR4VAPJ4」が1,500円前後、3枚パック「3BNR4VAPS4」が3,900円前後、5枚パック「5BNR4VSPS4」が6,000円前後。BDXL規格に準拠しており、既存の3層BD-R XLの容量は100GB。

1枚パックの「BNR4VAPJ4」

1回記録のBD-Rブランクメディア。これまで培ってきた多層化技術に加え、独自の材料の組み合わせにより、「4層全層での高い信号品質を確保した」という。4層化できる製造プロセスも独自開発し、「世界で唯一、民生用4層ブルーレイディスクを量産できる」という。書き込み速度は4倍速。

製品ページでは使用できるBDレコーダの機種を検索できるようになっており、ソニー以外のレコーダも対応。シャープが11月24日に発売を予定している、新4K衛星放送のチューナーを内蔵したAQUOS 4Kレコーダー「4B-C20AT3」と「4B-C40AT3」も対応機種とされている。なお、ソニーは新4K衛星放送チューナーを搭載したBDレコーダは発表していない。

ナノレベルの微細なマークを安定して記録し、かつ各記録層からデータを高品質で読み出すためには、各層の反射率や透過率を精密にバランスさせる必要がある。今回のディスクでは、記録膜を構成する元素を反射率や透過率などの機能特性ごとに選択し、その構成比率を4層すべての層でそれぞれ最適化。各記録層からデータを長期間、高品質で安定的に読み出せるという。

これにより、2層構造の最短マーク長と比較して約78.5%に短縮した、最短記録マーク長0.117μmを実現。1層あたりの記録容量が32GBに増え、4層合計で128GBの大容量記録を実現した。

保存信頼性にも配慮し、記録膜以外においても4層ディスクの各層間用に新たに開発した樹脂材料(中間層レジン)や誘電体材料などを採用。初期の記録品質だけでなく、長期保存にも優れるという。


以下全文を読む


反応

・もっと、ばーんと容量上がってくれねえかなあ
・コストが上がる割には容量は増えないな
光メディアも限界かね
・流石にPS5で2層ブルーレイしか使えなかったらソニー頭おかしいわ
・4K動画入れるんなら単純に容量4倍必要だからな。
128GBでも足りんわ。
・ディスクって大容量のイメージあったけど
今となっては128GB程度なんだな
・4kがデフォになったらどうしても大作は100GB越えてくるわ
そしてディスク否定派もいるんだろうけど今のディスクはキャリアと化してるから安価に製造してHDDなりSSDにインストールできれば入れ物は安いほうがいい


PS5で100GB以上のBDが採用されても足りないんだろうな・・(´・ω・`)


ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4
アトラス (2019-10-31)
売り上げランキング: 15