20180911-75908-001-696x392

スクウェア・エニックス傘下の「スタジオイストリア」閉鎖、新作RPG『Project Prelude Rune』は開発中止。海外メディアに声明

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックスの傘下会社スタジオイストリアが閉鎖され、同社の開発中の『Project Prelude Rune』は制作中止になったようだ。スクウェア・エニックスがUSgamerPolygonなど複数の海外メディアに対し声明を出している。声明によると、さまざまな観点で『Project Prelude Rune』を評価した結果、同作の開発を中止したという。スタジオイストリアはもはや運用されておらず、然るべき手順を踏んだ上でスタジオに在籍していたスタッフはスクウェア・エニックスグループのほかのプロジェクトに割り当てられたとのこと。

スタジオイストリアは、2017年1月にスクウェア・エニックスにより設立されたスタジオ。「テイルズ オブ シリーズ」のプロデューサーを担当していた馬場英雄氏が代表を務めることも話題を呼んだ。Unreal Engine 4を用いて、ファンタジー色の強い新作RPG『Project Prelude Rune』を開発していた。昨年9月にPlayStation® LineUp Tourにて、新映像が公開され対応プラットフォームがPS4であることが明かされたばかり。今年4月に馬場氏は、スタジオイストリアの経営方針の変更に伴い昨年12月末に代表取締役を辞任、そして今年3月末をもってスクウェア・エニックスを退社したことを、電撃オンラインなどを介して報告していた。

最近になりスタジオイストリアは、公式ホームページにアクセスするとスクウェア・エニックスの公式サイトの英語版にリダイレクトされるようになり、スタジオのTwitterアカウントが消えているほか、『Project Prelude Rune』の公式動画なども削除されていたが、スタジオは閉鎖され『Project Prelude Rune』は開発中止となったようだ。なお、スクウェア・エニックスは5月13日に2019(平成31)年3月期 決算短信を公開しているが、ここでは具体的にスタジオイストリア閉鎖に対する言及は見当たらない。

前述したように、『Project Prelude Rune』は昨年9月にはプレイアブルとみられる新映像が公開されており、対応プラットフォームが発表され、本格的な始動をうかがわせていた。同時にスタジオスタッフを募る求人もおこなっていたが、新たなファンタジーRPGは最終的に日の目を見ずに消えていくことになるようだ。




反応

・なんでスクエニはこんな奴拾ったんだろうか…
・サイレント倒産は新しい試みだな
・馬場はサイゲームズが拾うパターンやな
・こいつと田畑で何十億ドブに捨てたの
・馬場は結局スクエニで何がしたかったんだ
何もすることなく辞めていったけど
・レフトアライブは開発中止に出来なかったスクエニ、無能
・お互い「思ってたのと違う」って感じだったのかな
・見切りは早いのな
・こいつを拾った時点で意味不明
頭おかしいのか
・何で決算で発表しなかったの?
・人材が集まらなかったパターン
・スクエニの中で何が起きてるんだろうな
時間掛かる金食い虫はどんどん切られちゃうかも

馬場さんどこに就職したんだろうか(´・ω・`)