gameStop

ゲーム小売最大手GameStop、PS4とXbox Oneの売上落ち込みで大ダメージ。スイッチの好調でも埋められず

ゲーム小売最大手GameStop
米テキサス州に本社を置くゲーム小売最大手のGameStopは、2019年第1四半期の業績を発表しました。その中でXbox OneおよびPS4本体の売上高が減少したことで、収益に深刻なダメージを負っていることを報告しています。

GameStopの発表によれば、新品ゲームハードの売上高はXbox OneとPS4本体の売上落ち込みがNintendo Switchの売上増加を上回り、35%も減少したとのこと。同期の利益は680万ドルとなり、前年同期の4分の1となっています。

こうした事態はSwitchが米国におけるセールスが「現世代ハードとして最速」記録を樹立した後のことで、PS4とXbox Oneがライフサイクルの終わりに近づいていることを強く窺わせます。

それに加えて新品ソフトウェアの売上も、前年同期比で新作タイトル売上が低調だったこともあり、4.3%減少したとのこと。一方ではコレクターグッズの売上高が10.5%増で成長が続いているとも伝えられており、ゲーム専用機市場はマニア向けの傾向を強めているのかもしれません。

同社は状況がすぐ改善するとは予想しておらず、株式配当の廃止(潜在的に年間1億5700万ドルの節約)やギーク向け通販サイトThinkGeekとGameStop本社サイトの統合など、コスト削減策を明らかにしています。数日前に新たなカスタマーやマーチャンダイジング、それに財務担当の重役を再編しており、この厳しい時期を企業体質改善で乗り切ろうとしているようです。

GameStopはアマゾンなど通販サイトとや、ゲームソフトのダウンロード販売との競合に苦しんでおり、昨年には身売りを模索しているとの報道もありました。

それでも新世代のゲームハードが発売されれば売上は回復すると思われますが、例えばソニーのPS5(仮)は2020年4月までに出る可能性はゼロとの公式見解が述べられています。最大手のGameStopさえ追い詰められているなか、新ハードが発売されるまでの期間は、ゲームショップにとって過酷なサバイバルとなりそうです。

以下全文を読む


反応

・小売は死ぬ運命なのか
・箱は前年同期比で33%減らしいからな
そら死ぬわ
・今やウォルマートですら苦戦する時代
・PS5出るし買い控えるだろ
・終わりの始まりだな
・スイッチでもカバーできないじゃん


PS5にPS4互換つくし売り上げ落ちのは当然にしてもスイッチだけじゃどうにもならん現実(´・ω・`)

【PS4】DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ルーデンスSDF)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2019-11-08)
売り上げランキング: 5