maxresdefault

『パンツァードラグーン:リメイク』の刷新されたビジュアルは、新たなファンを獲得するため。開発者がシリーズの今後を見据えコメント

『パンツァードラグーン:リメイク』

任天堂が6月12日に放送したビデオプレゼンテーション「Nintendo Direct | E3 2019」にて正式発表された『パンツァードラグーン:リメイク』。2018年12月に、ポーランドのパブリッシャーForever Entertainmentが、権利元のセガよりライセンスを受けて開発中であることを明らかにしていたが、それ以降続報はなく、そして特に予告なくそのゲームプレイ映像が披露されたことで、今回ゲーマーには多くの驚きをもって受け止められたようだ。

それと同時に、もともと多くのファンを持つ作品であるため、公開されたトレイラーの映像についてさまざまな意見が飛び交っており、それについて開発者がコメントしている。


『パンツァードラグーン:リメイク』は、1995年にセガサターン向けに発売された3Dシューティングゲーム『パンツァードラグーン』のリメイク版だ。オリジナル版はその後、PCやPS2、初代Xbox向けに移植され、グラフィックのアップグレードや追加要素を実装したが、本格的なリメイクは今回が初めてとなる。

トレイラーでは、まずグラフィックの進化に目を見張る。これは序盤のステージの様子を収録しており、遺跡の柱やゲートのようなもの、また大きなドームのある建物など、特徴的な構造物が再現されていることが分かる。一方で、オリジナル版では広い海にポツンポツンとオブジェクトが突き出た形だったのに対し、リメイク版では背景ゴツゴツした岩の島や構造物が多数追加されており、率直に言って景色がかなり変わった。

また色使いに関しても、オリジナル版は全体的に抑えたトーンが印象的だったが、リメイク版では空は晴れて陽が射し、暖かみや鮮やかさが感じられる。こうした変化は、本作がもともと持っていた文明崩壊後の独特な世界観にも影響するため、以下に掲載した比較映像のコメント欄などでは、オリジナル版を知るファンからの懸念を示す声も見られる。

 

本作を手がけている、Forever Entertainment傘下のTA PublishingのプロデューサーBenjamin Anseaume氏は6月14日、ファンからのフィードバックを受けてTwitter上にてコメントした。Anseaume氏はまず、本作の開発においてはオリジナル版へのノスタルジーから距離を置くよう努めたとしている。オリジナル版で好きだった要素が、現在では実現不可能なこともあるからだそうだ。


そのひとつとして、Anseaume氏は背景に言及している。ファンから寄せられたコメントの中には、オリジナル版の世界観を再現するためにも、背景に多数追加されたオブジェクトは削除すべきだという意見があったそうだ。ただ、現代では美しくディテールの細かい背景が求められるため、リメイク版ではそれに沿う形で開発を進めているとのこと。Anseaume氏は、ハードコアなファンは非常に大事な存在であるが、本作においては新たなファンの獲得を目標にしていると述べる。『パンツァードラグーン』シリーズ作品のさらなるリリースを実現させるには、ファン層の拡大が必要だからだそうだ。


なお同氏は、共同開発のような形ではないものの、本作の開発にはセガも関与しているともコメントしている。本作のゲームプレイやビジュアルの方向性については、各社がそれぞれの意見を持っており、ひとつひとつ決断を下しながら開発を進めているとのことだ。その中で、『パンツァードラグーン』らしさの再現と、現代の要請に応えることのバランスを探りながら開発しているのだろう。


本作は、オリジナル版に忠実なゲーム体験を再現しながらも、グラフィックや操作性は現代の基準に合わせて向上させると発表されている。またオリジナル版の特徴のひとつだった、全方位から敵が襲ってくる要素に関連しては、進化した360度コントロールとロックオン射撃を用意しているとのことである。冒頭で述べた2018年12月の発表では、続編の『パンツァードラグーン ツヴァイ』のリメイク版の制作も明らかにされていた。これらのリメイクで古くからのファンの支持を得て、新たなファンも獲得できれば、Anseaume氏が期待するように、『AZEL』や『オルタ』のリメイクへや、さらには新作への道も開けるかもしれない。

『パンツァードラグーン:リメイク』は、Nintendo Switch向けに2019年冬に発売予定。なおAnseaume氏はTwitterにて、「Nintendo Switch独占とは言っていない(We never said it will be released on Switch only)」とコメントしており、マルチプラットフォームで発売される可能性もありそうだ。


反応

・時限独占っぽい
・スイッチ独占かのように宣伝する任天堂せこさ
・普通に全機種で発売じゃないかな
・任天堂が時限独占で囲ってそう
・全マルチじゃないの?


後からマルチ発売アナウンスか任天堂の買取保証期間が過ぎてからの後発マルチかのどちらかかな。
どちらにしても悪手だけど(´・ω・`)