ogpimg

国内タイトルを海外に セガはマルチプラットフォームに積極的

国内

JUDGE EYESは高評価、スマホゲームはやや不安

Q:2018年は『JUDGE EYES』が話題となり、海外展開も好調に見えました。


全体的にもっと頑張れたのではないかという思いがあります。『JUDGE EYES:死神の遺言』については想定以上の高評価を得ました。木村拓哉さんに初めてビデオゲームに出演していただき話題になりましたし、アクションやストーリーなどもこれまでの『龍が如く』シリーズ作品に勝るとも劣らない内容で、「龍が如くスタジオ」の新しいIP(ゲームやキャラクターなどの知的財産)として存在感を示せたのではないでしょうか。欧米版を19年6月に、国内では新価格版を19年7月に発売します。

海外では英国のスタジオによるPC(パソコン)向けタイトルが順調に推移しました。米国におけるパッケージソフトのローカライズビジネスもまずまずで、『Yakuza』シリーズ(『龍が如く』シリーズのローカライズ版)の販売が好調でした。海外事業はここ数年安定して成長を遂げています。あとは国内のタイトルでしっかり業績を上げられれば文句なしですね。

懸念としては、これまで好調だった(スマホゲームなどの)モバイルがだんだん厳しくなってきたことですね。これは業界全体に言えることなので、セガゲームスだけではありませんが、今後モバイル向けの戦略は今までと同じではダメだと捉えています。


Q:モバイルで何が起こっているのでしょうか。

現状のプラットフォームで考えるとスマホ市場は成熟期に入っており、新しいタイトルが人気上位に入りにくくなっています。4~5年前は新しいゲームが登場し、それまで人気だったタイトルに取って代わるような新陳代謝が起きていたのですが、今はそれが起きにくいです。

 セガも『ぷよぷよ!!クエスト』は好調ですが、新規タイトルが『ぷよクエ』に迫ることは難しくなっています。しっかりと作り込んだゲームであっても市場に浸透し定着するには難しい状況であったと言えます。今後はより精査し、絞り込み、現在の人気トップ20に食い込めるような内容のタイトルをリリースできるよう努めていきます。広告に関してもある程度集中して行うことで効率的に認知を高めていくことを重視していきます。

Q:GoogleのStadiaやAppleのApple Arcadeなど新たなプラットフォームが登場します。

さまざまなプラットフォームからお声がけをいただき、検討を進めています。ゲームを取り巻くビジネスモデルは、パッケージソフトなどの買い切りに加えてスマホ向けゲーム市場の形成とともに「フリー ツー プレー+アイテム課金」が確立し、さらに今回の流れで「サブスクリプション(定額課金)」が登場し、ビジネスモデルの変化も起こりつつあるように感じます。さらに5G時代に向けてストリーミングによるゲームの配信もより一層行われると思います。

これまでもゲーム業界ではプラットフォームが広がる時期と、お客様がそのどれかに集まり、そこが活性化する時期、成熟する時期を経てまた新しい世代へと繰り返してきました。現在はプラットフォームの転換にあたる時期と考えています。私たちはグローバルに展開するスタジオ、そしてパブリッシャーとして国内外いずれにおいてもさまざまなプラットフォーマーに対して協力させていただき、可能性を広げることに参加させていただこうと思っています。そしてどのような方向にも対応できる準備を進めてまいります。

 プラットフォームを自社で持つかについては、現在は考えておりません。セガのミッションはゲームを通じてお客様へ感動体験を届けることです。それを実現するには、現在は他社のプラットフォームに我々が開発したコンテンツを提供し、事業展開することが最適だと考えています。セガは家庭用ゲーム機に進出し、後に撤退するなど、転換期を何度も経験しているので、どのような形でお客様に(感動体験を)届けるかについて、その時代時代に合わせて考えています。今はマルチプラットフォームの時代ですから、どこでもお客様が最も喜んでくださるところにコンテンツを提供することが私たちのミッションに合致することと捉えています。



以下全文を読む

反応

・相変わらずソニックには全く触れないなw
・セガは全マルチ路線か
・セガスマホ儲かってないw
・名越が結果出さないから・・・
・パチとスマホが足引っ張ってる

サクラ大戦には期待してますよ(´・ω・`)



ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
スクウェア・エニックス (2020-03-03)
売り上げランキング: 1