2019-08-04-03_22_49-640x436

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」炎上&パクリ疑惑がぼっ発

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」
2日から公開している映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」が“ゲームファンの気持ちを逆なでしている”と炎上している。

本作は「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」のストーリーを原案にしたドラクエ世代が楽しめる作品で、シリーズ初の3DCG。初週4位、2週目7位と興行成績は上々で「ALWAYS 三丁目の夕日」「STAND BY MEドラえもん」を手がけた“ノスタルジーの名手”山崎貴氏が総監督と脚本を担当。中年向けヒット狙いに盤石の体制を敷いたわけだが、キャラクターデザインが鳥山明氏でないために違和感を覚えたり、幼なじみのビアンカと富豪の娘のフローラのどちらと結婚するかという“ビアンカ・フローラ問題”がアッサリ描かれ過ぎていたりと肩透かしを食う場面が散在。特に終盤のラスボスと戦う場面は非難ゴーゴー。山崎氏は「いいエンディングを思いついた」と自負するが、めでたしめでたしを期待したファンはガッカリどころか「ゲームユーザーをバカにした」とネットで酷評が相次いでいる。映画批評家の前田有一氏がこう分析する。

「ファンは今も自分がキャストのひとりで、ドラクエを達観して見ていないことに山崎氏が気づいていなかったのでは。ただ、ハリウッドにも負けないCG技術を持ちながら、毎回原作のいいとこどりにした、懐古調の作品ばかり求められてしまう山崎氏のアンチテーゼだとしたら共感に値する。いずれにしろ、今後は安易な映画化にブレーキがかかると思います」

また、主人公の名「リュカ」を小説版から流用し、原作者から訴えられるなど“パクリ問題”も浮上。しかも、宣伝物のアートディレクターが東京五輪ロゴで“パクリデザイナー”とバッシングを浴びた佐野研二郎氏というのも笑えない。

「『テルマエ・ロマエ』『海猿』でも問題になりましたが、映画界は原作者を軽視する傾向があります。SNSのおかげでひとつ炎上すると次々とアラ探しが始まるだけに、まずはファンの心を逆なでする内容かどうか立ち止まることが必要でしょう」(前出の前田氏)




反応

許可を出したスクエニにも問題はある。
ファイナルファンタジーの映画化で失敗したことと今回の失敗。。
映画化は慎重にすべきだ

最後の15分が本当に酷かった。
ドラクエはシリーズを通していい意味でモンスターを使い回している関係上、ユーザーはモンスターにさえ愛着を持っている人が多い。
にもかかわらず、ポッと出のわけわからん奴が訳わからない事を言ってちゃぶ台返しするとか、ドラクエでは絶対にやってはいけない事だった。

ずっと楽しみにしてて、他にも見たい映画があった中で最優先させて見たくらいだったのに、ラストが酷すぎて怒りしかなかった。
キャラデザインとかストーリー微妙に違うとかはまだ許容範囲だったけど、あのラストだけは本当にない。

原作ありの邦画や国産ドラマがイマイチなのはだいたい原作の重要ポイントを無視するから
たまにヒットする作品は原作に割と忠実か原作自体がもともとあまり人気なくて改変されてても気にならないから
好きな作品が劇場版や実写化になるのは嬉しい反面かなり不安になるのも事実

「映画をレイプする」って言葉がぴったりな映画
映画を最近観てきた。本当に怒りを隠せない。正直ここまで駄作とは思わなかった。前にも話したけど途中退席しようかと思ったぐらい。自分は全部良いところを壊されてしまいそうだったので途中寝ました。観ないようにした。
あの監督は作った側の思いを全部壊しちゃう監督なんだろうなと。出来ないなら出来ないなりに少年時代編青年編、家族編のどれか一つに絞るべきだった。

デザインが鳥山先生じゃないとか、結婚の問題より、ラストの展開で呆れてしまった。
怒りとか、悲しみより、まず呆れてしまった。

映画監督はいつになったら学ぶのか
名作と言われる原作を自己満足のために改変して成功することはない。
今回の映画は話題性もあって収入は大きいかもしれないが、山崎監督作品を今後見ないという人もたくさんいるでしょう



観ましたけど金返して(´・ω・`)