a23d3d07

カプコン、コーエーテクモゲームスとの特許権侵害訴訟で勝訴判決

カプコン、コーエーテクモゲームスとの特許権侵害訴訟¥
カプコンは9月11日、知的財産高等裁判所にてコーエーテクモゲームスに提起していた特許権侵害訴訟において、勝訴判決を得たことを発表した。

 本訴訟は、2014年7月4日に、カプコンの持つ特許権「特許第3350773号(今作のディスクROMがゲーム装置に装填されるとき、前作のディスクROMを装填した場合に、特典を開放するもの)」を「真・三國無双」シリーズ及び「戦国無双」シリーズなどが、「特許第3295771号(ゲーム状況が特定の状況にあることを判定したときに、プレーヤーに対し、背後に敵がいることなど“画像情報からは認識できない情報”をコントローラーの振動によって知らせるもの)」を「零」シリーズが侵害するとして、カプコンが大阪地方裁判所に提起した裁判の続審に当たる。

 知的財産高等裁判所は、上記2件の特許権に対するコーエーテクモの侵害を認め、1億5,691万3,710円(損害額 1億4,384万3,710円、弁護士費用等 1,307万円)の支払いをコーエーテクモゲームスに命じる判決を言い渡した。

 また、知的財産高等裁判所は、「特許第3350773号」に関してコーエーテクモゲームスの主張を一部認め、製品の一部を非侵害と判断した。コーエーテクモゲームス側は、一部勝訴したと発表している。

 なお、上記2特許ともにすでに存続期間が満了して権利が消滅しているため、今後のコーエーテクモゲームス製品の開発及び販売に影響を及ぼすことはない。

以下全文を読む

特許権侵害訴訟における当社勝訴判決のお知らせ

http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/190911.html


株式会社カプコンは、本日、知的財産高等裁判所にて、株式会社コーエーテクモゲームス(以下「コーエーテクモ」)を相手に提起しておりました特許権侵害訴訟について、当社勝訴判決を得ましたのでお知らせいたします。

知的財産高等裁判所は、当社2件の特許権(特許第3350773号(以下「A特許」)、特許第3295771号(以下「B特許」))に対するコーエーテクモの侵害を認め、1億4,384万3,710円(損害額1億3,077万3,710円、弁護士費用等1,307万円)の支払をコーエーテクモに命じる判決を言い渡しました。

本訴訟は、2014年7月4日に、当社A特許およびB特許をコーエーテクモが侵害するとして、当社が大阪地方裁判所に提起した裁判(平成26年(ワ)第6163号)の続審にあたります。

第一審の大阪地方裁判所判決(2017年12月14日)では、当社のB特許に関する請求のみを認め(当社のA特許に関する請求は棄却)、517万円(損害額 470万円、弁護士費用等 47万円)の支払をコーエーテクモに命じる判決が言い渡されました。今回の判決により、当社特許の侵害が知的財産高等裁判所により確認されたことになり、司法の良識ある判断が示されたものと考えております。

当社は、今後もゲーム開発における発明を保護するとともに、ライセンスなどの特許権の有効活用を積極的に推進し、ユーザーの皆様の利便性の向上およびゲーム業界の発展に貢献してまいります。

株式会社コーエーテクモゲームス
特許侵害訴訟(控訴審)一部勝訴判決に関するお知らせ

https://www.koeitecmo.co.jp/news/docs/news_20190911.pdf
株式会社コーエーテクモゲームス(代表取締役社長:鯉沼久史、以下「当社」)は、本日、株式会社カプコン(以下「カプコン」)より控訴されておりました特許侵害訴訟について、一部勝訴いたしましたので、以下のとおりお知らせいたします。

本訴訟は、平成 26 年(2014 年)7 月 4 日、カプコンより当社製品が2件の特許権を侵害するとして、大阪地方裁判所に提訴した事件(平成 26 年(ワ)第 6163 号)の判決内容を不服としたカプコンが、平成 29 年(2017 年)12 月 27 日付で知的財産高等裁判所に控訴した事件(平成 30 年(ネ)第 10006 号)です。

 カプコンは、当社製品の『真・三國無双』シリーズ、『戦国無双』シリーズ等が特許第 3350773号(以下「A 特許」)を、『零』シリーズが特許第 3295771 号(以下「B 特許」)をそれぞれ侵害するとして、9 億 8323 万 1115 円(内訳:A 特許に関する請求額 8 億 9123 万 1115 円、B 特許に関する請求額 4700 万円、弁護士費用等に関する請求額 4500 万円)の損害賠償等を請求しておりました。

本日、知的財産高等裁判所第3部(裁判長:鶴岡稔彦判事)は、A 特許に関して当社の主張を一部認め、当社製品の一部を非侵害と判断しました。一方で、非侵害と判断されなかった残余の当社製品については、損害賠償請求額の一部にあたる 1 億 4384 万 3710 円の支払を当社に命じる判決を言い渡しました。

今回の判決において、当社製品の一部について非侵害の判断がなされたことは、特許法の主旨に沿った良識ある判断であり、かつ当社の主張が正当なものであったことが裁判所によっても認められたものと考えております。

他方、当方の主張が認められなかった点については、甚だ遺憾であり、判決内容を十分に精査し、今後の対応を検討いたします。

なお、今回の判決が令和 2 年 3 月期の当社グループの業績に与える影響はありません。
また、A 特許、B 特許ともに、既に存続期間の満了により権利が消滅しており、今後の当社製品の開発及び販売に影響を及ぼすことはございません。



反応

・遊びにパテントは無いのでは
・費用よりも裁判にかかる時間が長すぎるのが問題
・くっそしょーもない特許で草
・ゲーム業界もお互い足の引っ張り合いか
・元々無双がオリジナルで、カプコンがパクリだったのでは
・この二つはいつも争ってんな
・そんな機能いるのか
・ゲームの発展を阻害するだけの特許じゃんw
・まだやってたんか
・こんなもんまで保護する必要あんのか
・こういう特許ゴロやめろよな
権利ビジネスで食ってる訳でもないんだからよほど悪質で無ければ見過ごせよ
ゲーム業界の発展を阻害するだけだろ
・Bとかこれ特許だったとかかなわんな
PS1時代からゴロゴロしてたのに
・特許で食うのはなんも悪くないし、特許に関する防衛意識なんてあって当然だよ、別にどんな業界もね
・一部勝訴(支払い)
苦しいなあ
・どうでもいいようなゴミ特許
・カプの印象悪いわなバサラとか
・勝ったは勝ったけど
請求額からすると示談みたいな額だな


これで和解して仲良くやりましょうってことにはならんだろうね(´・ω・`)