侍

『侍道』シリーズのスピンオフ『侍道外伝 KATANAKAMI』発表【TGS2019】

『侍道』シリーズのスピンオフ『侍道外伝 KATANAKAMI』

新作タイトルPS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用ソフト『侍道外伝 KATANAKAMI』が発表されました。



 本作は『侍道』シリーズのスピンオフ作品です。本情報は、“東京ゲームショウ2019(TGS2019)”で実施した“ファミ通×ゲームの電撃 スペシャル生放送”で発表されたものです。

 番組では、ゲームの特徴やシステムが公開さた他、発売時期が2020年初頭予定であることも明かされました。

ゲームの特徴

『侍道』の世界観で、剣術ハクスラ!

 本作は、『侍道』らしい剣術アクションはそのままに、ハック&スラッシュを楽しめます。ダンジョンは自動生成され、何度でも新鮮な気持ちでプレイできます。

戦が起これば鍛冶屋が儲かるシステム

 峠に巣食う三勢力を手玉にとって、刀鍛冶屋を経営できます。稼いで借金を返済し、堂島の娘を救いだしましょう。

ゲームシステム

 本作では、昼夜のサイクルでモードが変化します。昼には、峠の鍛冶屋として、刀を売って金稼ぎができます。夜には、一本松から異界へ魑魅を討ち、刀や素材を入手できます。

キャラクター

 キャラクターとして、主人公(声優:高橋英則)、堂島軍二(声優:伊丸岡篤)の他、『侍道』おなじみのキャラクターも登場します。

 さらに、堂島の娘・堂島七海(声優:桑原由気)もお披露目。堂島にはまったく似ていないかわいらしい女の子で、共通点はめがねっ子であることくらいです。借金の形に連れ去られ、遊郭に売られそうになっています。

実機プレイが公開

 番組では、ゲームの序盤の実機プレイが公開されました。実機プレイでは、刀を振るうアクションや賽銭箱などをこわしてお金を拾うといった様子が見られました。



 刀を振るうと、画面の左下にある刀のゲージが減っていきます。本ゲージが減っていくと切れ味が落ちてしまったり、しまいには折れてしまったりするそうです。

 また、実機プレイでは刀を研ぐ様子や土下座をする様子も見られました。


 さらに、強力な敵が登場する“祟り場”でのアクションも披露。“祟り場”では、一定の条件をクリアしなければならないようです。

以下全文を読む

関連記事

アクワイアの黒歴史
アクワイア
「冗談抜きで、PS3「侍道3」の売り上げが今後このシリーズを続けられるかどうかに掛かってきますので、何卒よろしくお願いします!」

ファンが侍道3を盛り上げ、 CM作成する人や販促用に発売したPSP版「侍道ポータブル」を買ったり応援する人々が続出
  ↓
ユーザーが買い支えた結果、侍道3の売上げが好調、続編に期待する。
  ↓
雑誌広告でヒット御礼、続編製作決定と発表、ユーザーもメーカーも歓喜
  ↓
公式HPで正月0時へ向けてカウントダウンが開始
続編正式発表かとおもいきやXBOX360で追加要素多数の完全版が発売決定(PS3にサポートなし)。
ブフフ

ブフフ映像
http://v.youku.com/v_show/id_XNjMyNzQzODA=.html#comment
アクワイア
「今の映像を見てXとかYとか黄色ととか赤のボタンが見えたりしました?」
「見ちゃいました!?」
「見えちゃいましたかー」ニヤニヤ
「ユーザーさんからのご要望に応えて、なんと侍道3がですね、緑の箱360で発売することが決定いたしました!!」
「えー、PS3ユーザーさんからはですね、きっとねいろんな(ブフフッw)なにやらいろいろ言われそうな気もしますがw」
「PS3を買えなくて360を持ってる方は是非ねやっていただきたいなと」

反応

・侍道か
・ブフフ
・侍道がディアブロになった
・しょぼww
・これは微妙ゲーな予感
・あのですねぇ…ブフフッ


外伝ってことは本編はすでに開発してるのかな(´・ω・`)