par_03_l

『FF14』吉田氏&織田氏インタビュー。野村哲也氏が描く“ガイア”は次回レイドで大暴れ!【gamescom 2019】

『FF14』吉田

――拡張パッケージが発売される前からプレイヤー数が増えていたとのことですが、直近のゲーム内の人口の動きについてお聞かせ願えますか?

吉田どの切り口でお話しすればいいのか、ちょっと難しいですね……。社長(松田洋祐氏。スクウェア・エニックス代表取締役社長)が株主総会でうっかり口を滑らせてしまったので(苦笑)。

――そういう案件でしたか(笑)。

吉田正直に言うと、課金会員数70万というのは2年前の数字を基にした発言なので、現在のピーク時のデータではありません。そのころと比較すると、いまはもっとプレイ人口が上です。本当はどこかのタイミングで数字を上書きしたいとは思っているのですが、ピークの状態がこれから先もまだまだ伸びそうなので、それもどうなのかなと。もっと数字が伸びてからでもいいだろう、という気がしているのが正直なところです。

――なるほど。

吉田『FFXIV』のアクティブプレイヤー数は100万人を超えましたし、それにともない課金者数も前人未到の領域へと突入しています。前回の『紅蓮のリベレーター』までと違うのは、プレイヤー人口が下落しないという点です。『蒼天のイシュガルド』当時もそうだったのですが、拡張パッケージの発売を機にたくさんのプレイヤーの方が来られます。その一方で、レベリングの途中で離脱する方や、メインシナリオをクリアーした時点で「つぎの拡張パッケージの発売を待とう」みたいな感じで、スパッとプレイを中断される方もおられます。これまでは、拡張パッケージが発売されてから1ヵ月目の課金が終了するタイミングで人口が減っていたのですが、今回はそうならず、ずっと粘って持ちこたえている状態です。

吉田課金者数自体がまったく落ちていないわけではないのですが、友だちから『漆黒のヴィランズ』の評判を聞いた人も続々と入ってきているので、双方のあいだでずっとバランスが取れている状況です。数字を見ていると、従来のシミュレーションにはないパターンを描いているなと感じます。




反応

・旧FF14からここまで復活するとはな
・いつの間にか真のFFになってた
・拡張出るたびにアクティブ増えるってヤバすぎだろ
しかもMMOで
・ドラクエ10とPSO2はほぼ自滅
・今のスクエニ支えてる
・どんくらいいるかは知らんけど人は絶対増えてるわ
ヴィランズ文句なしで面白かったし
・さすがにフカシじゃね
アクティブ100万って
・DQXは客楽しませる気ないやろあれ
・また増えたのか
・DQと大違いやな

死ぬ寸前だったFF14が不死鳥のごとく蘇らせるという奇跡を成し遂げた吉田Pの手腕は流石ですよね。
FF16ディレクターは吉田さんでお願いしたい(´・ω・`)


ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ - PS4
スクウェア・エニックス (2019-07-02)
売り上げランキング: 387
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ - Windows
スクウェア・エニックス (2019-07-02)
売り上げランキング: 18
ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
スクウェア・エニックス (2020-03-03)
売り上げランキング: 21