VulI-1P5

神速の指技! 「パズドラチャンピオンズカップ TGS2019」でJrプロ・ゆわ選手が優勝!

JeSU Jrライセンスの規定により優勝賞金500万円は受け取れず

- GAME Watch - 190915-104141
9月14日、スマホ「パズドラレーダー」プロ選手の賞金制大会「ドラゴンブースト presents パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019」が行なわれ、「パズドラ」のJeSU ジャパン・eスポーツ・Jrライセンスを持つゆわ選手が優勝した。優勝賞金は500万円だったが、Jrライセンスの規定により賞金の贈呈はない。
優勝したゆわ選手

 「パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019」は、スマホアプリ「パズドラレーダー」プロ選手が出場する賞金制大会。総勢12名のプロ選手が参加し、この日決勝戦が行なわれた。

 「パズドラレーダー」の対戦は、1ターンがスキルの打ち合いとパズルで構成されており、ターンの最後に攻撃を打ち合ってお互いの体力を削っていく。スキル発動は、自分と相手のパズル盤面や操作時間、攻撃倍率などに作用するため、まず前段で有利不利を作りながら、最後のパズルでいかに打ち勝つかが見どころになる。

 さらに選択したスキルは交互に発動していくため、たとえば盤面を変えるスキルの前に、盤面をロックするスキルを出していれば攻撃を防げる。逆に、パズルの操作可能時間を極端に短くするなど、スキルの組合わせによってはどうやってもパズルで逆転できない状況に追い込むこともできる。つまり単なるパズル力だけでなく、キャラクターが持つスキルの知識、相手のデッキに合わせたスキル発動の駆け引きといった総合的な力が問われるのが、今の「パズドラ」のプロシーンというわけだ。

「パズドラレーダー」対戦シーン

 その中で、窮地をパズル力で乗り越えていったのがゆわ選手だ。ゆわ選手は準決勝戦で、今年のプロ大会2連勝中という現時点での最強選手、あっき~選手と当たることとなるのだが、1-0で迎えた第2戦で見せたのがものの2秒でパズルを完成させた指技だ。

 試合は2先で決着するため、あと1敗したら敗退が決定するという場面、あっき~選手が操作時間を50%減少させるスキルを放つが、むしろ余裕でコンボを完成させ、さらに落ちコン(落ちてくるドロップによるコンボ)も相まって12コンボを達成。逆に、あっき~選手側には操作時間75%減少させるコンボを打ち込んでいて、きっちり逆転の芽も摘んでいた。

あっき~選手とは熾烈な戦いが繰り広げられた

 「ミスもあった」と振り返ったゆわ選手だったが、この神速パズル以降はむしろどんどん上り調子になり、駆け引きの面でもパズルの面でもあっき~選手を圧倒。決勝のスー☆選手も見事撃破し、優勝を飾った。

 優勝したゆわ選手について、ゲスト解説のなっち氏は「歳に関係なく、尊敬する。頭の回転数が違う」と驚きのコメントを残した。ガンホー 代表取締役社長CEO/エグゼクティブプロデューサーの森下一喜氏は、「ゆわ選手はプロになって初めての優勝だが、まだ中学生。末恐ろしい。今回は賞金は出せないが、高校生になったらバリバリもらえる。また頑張ってもらえれば」と締めくくった。

IYD_iMKq




『日本eスポーツ連合』、eスポーツに関する法的課題への取組み状況を報告

日本のeスポーツ業界では、その発展を妨げる要因として以下が課題として長年挙げられてきました。

日本eスポーツにおける長年の課題

  • 景品表示法に関連し、大会では最高で10万円しか賞金を提供出来ないとされる
  • 参加料を徴収しての賞金付きeスポーツ大会は、賭博行為とみなされる可能性とリスクがある

この問題に向き合うユニークな方法として、『Red Bull』は「法令に優しい賞金99,999円」の大会を行なうなどしています。

『日本eスポーツ連合』は、これらの課題について法令適用事前確認手続(ノーアクションレター制度) を通じて消費者庁に確認を実施し、回答が得られたとのことでその経緯と結果が報告されました。

高額賞金付きの大会実施について

プロライセンス所持の有無に関わらず、多数の観客や視聴者に対して高い技術を用いたゲームプレイの実技、実演、それに類する魅力のあるパフォーマンスを行ない、大会等の競技性や興行性を向上させている場合には、「仕事の報酬」として賞金を提供出来るとのこと。

配信や観戦が行なわれていないなど興行的性質が認められないほか、参加者の実力やゲームプレーの魅力に相応しない場合は、賞金提供は認められない場合があるとされています。

参加料を徴収しながら賞金を提供するeスポーツ大会の実施について

こちらは、下記のような条件を満たせば実施可能であるとのこと。

① 賞金・賞品が、参加者や主催者以外の第三者(スポンサー)から提供されること
②(大会の主催者が賞金を提供する場合であっても、)参加料が会場費やスタッフの活動費などの大会運営費用にのみ充当され、賞金・賞品に充当されていないこと

ということで、長年課題とされてきた上記の問題は条件付きでクリアできる事が確認されました。今後、賞金付きのeスポーツ大会等が開催しやすくなる他、参加料を徴収しつつ賞金提供も出来るとのことで、大会運営サイドが直面していた運営資金の問題も解決されていくことになりそうです。

今後のプロライセンスについて

日本eスポーツ連合は、本回答が得られるまではプロライセンスを発行しそれを所持するものに対して「仕事の報酬」として賞金を支払うスキームの大会を推奨してきました。

その結果、プロライセンス所持者を倒して優勝したにも関わらず、ライセンスを保持していないことから賞金が支払われないという事例が登場し様々な意見が出ていました。今回の回答でライセンスの有無は関係が無いことが確認されたことにより、このような問題も解決に向かう事になると思われます。

今後はプロライセンス制度について適切な見直しを加えつつ、より良いものとするための取り組みを進めていくとしています。








反応

・なら参加させるなよ
特定選手には規約上賞金は渡せない賞金制大会とは
賞金分景品渡せばよかろうに、全額没収状態とかアホかな?
は?
賞金払わないこの手があったか
・まーたライセンスがどうの言ってるのか
・成人してから渡すとか色々あるだろうに
・この金はjesuの役員たちがおいしくいただきました
・親に渡すとかあるだろ
・賞金受け取れないプロとか
・参加時に保証人や親の同意書求めてそっちに渡せばいいのに
・絶対賞金渡したくないから言い訳考えただろ
・フォートナイトや荒野行動は中高生の日本人も賞金受け取ってるのにおかしいなぁ
・何のために存在する団体なのかね…


こんなんじゃeスポーツとか盛り上がらんわな(´・ω・`)