New-Guilty-Gear_2019_09-12-19_002_600


『NEW GUILTY GEAR(仮題)』石渡氏と片野氏に聞く。続編ではなく“新しいタイトルを作った”というスタンス【TGS2019】

『NEW GUILTY GEAR(仮題)』
 New-Guilty-Gear_2019_09-12-19_001_600
New-Guilty-Gear_2019_09-12-19_002_600
New-Guilty-Gear_2019_09-12-19_003_600
New-Guilty-Gear_2019_09-12-19_004_600
New-Guilty-Gear_2019_09-12-19_005_600
New-Guilty-Gear_2019_09-12-19_006_600

――『GUILTY GEAR』の続編ではなく完全新作であるとイベントでコメントされていましたが、ナンバリングタイトルではないという位置づけなのでしょうか?

石渡ナンバリングタイトルであるかというところも、現時点ではまだ公開できません。というのも、我々がこの新作をどのようにするべきなのかということも含めて模索している段階です。ナンバリングタイトルかもしれないし、そうでないかもしれません。

片野Xrd』のシリーズではないというのは、明言しております。

石渡『GUILTY GEAR』の新作というよりも、アークシステムワークスとして新しい格闘ゲームを作ったというスタンスをこのタイトルでは強調していきたいと考えています。

――『Xrd』シリーズは、『Rev2』で完結したということになりますか?

石渡ゲーム性というところでいうと、『Rev2』で完結したと考えていただいて構いません。物語としては、そのまま続いています。

片野『Rev2』はゲームとしては今後バージョンアップの予定はありません。いま遊んでいただいている方に向けて、何かしらのフォローをしたいと考えていますが、現段階でお約束できるものではありません。

――PVを観ると映像面がパワーアップしているのは見て取れるのですが、格闘ゲームとして、システム面が大きく変わることはあるのでしょうか。

石渡格闘ゲームとしては、『Xrd』シリーズと比べてというよりは、『GUILTY GEAR』として大きく変わる手応えのシステムになると思います。

――本日公開されたメイを含め、現状4キャラクターが公開されました。現段階で明言はできないと思いますが、総キャラクター数はどれくらいになりますか?

石渡すべてを作り直していますので、それなりに労力は発生しております。リリースのタイミングから全キャラクターが登場することはないかなと思います。

片野『Rev2』からの続投がどれくらいいるのかというのが気になっている方も多いと思いますが、完全新作としていちから作っています。前作から流用している部分はないので、そこも含めて予想していただけると。なるべく、皆さんのご期待に添えられるような形にしたいとは考えています。


――アークシステムワークスの最近のゲームだと、初心者でも入りやすいサポートシステムなどが入っていることが多いですが、本作は初心者が入りやすい何かしらのシステムが入っているのでしょうか。

石渡初心者向けのフォローがあるということは、そもそもそのゲームが難しいから、解釈を個人的に持っています。そういった意味で、そのようなフォローが必要のないゲーム性というものを考えています。従来の『GUILTY GEAR』のような、複雑なシステムであったり、システムの多さだったりはまずはいったん全部捨ててゼロから考え直して本作を開発しています。

片野初心者向けにするというよりは、シンプルにするというほうが近いかなと思います。具体的なお話ができないので理念的なコメントになってしまいますが、アークシステムワークスの従来のような初心者をフォローする仕組みではなく、べつの形でより幅広い方がプレイできるタイトルにできればと考えています。

石渡シンプルにするというとゲーム自体をシェイプアップするという方向に考えやすいですが、入り口がシンプルになっているというだけです。ゲームの奥深さがカットされるわけではありません。本作も、従来の我々らしい奥深い格闘ゲームにしていきたいです。

片野見た目が難しそうというのを払拭できればいいなと。従来のゲームにはボタン連打でコンボがでるようなシステムもあって、それによって格闘ゲームに入ることができた方も非常に多いと思います。じゃあ、本作にもそのシステムを入れればそれでいいのかといえば、そんなこともありません。連打コンボがあっても、格闘ゲームをやらない人から見れば簡単そうには見えないし、何が起きているのかがわからないのではないかと思っています。本作では、格闘ゲームをふだんプレイしていない方が見ても、何が起きているのかわかるというゲーム性を大事にしたいなと考えています。

石渡今回の我々のキーワードですね。

片野目下開発中ではあるのですべてが決まっているわけではないですが、いままのアークシステムワークスのアプローチとは違った形で、より幅広い層の方に触っていただけるようなゲームにしたいと思っています。

石渡そもそも『GUILTY GEAR』シリーズを作っていたときに、わかっていながら『GUILTY GEAR』だからできなかった問題点がありました。新しい『GUILTY GEAR』で、その問題点は解消できないのかというを見直している最中です。


片野フルスペックではないですが、ゲームの概要がわかるような内容のものがプレイできます。使用できるキャラクターについては続報をお待ちください。また、プレイステーション4で発売することは発表していますが、プレイステーション4独占タイトルというわけではありません。それ以外の対応ハードなどについては、続報を待ちください。

以下全文を読む





反応

・PCとXBOXやな
結局全機種マルチか
・全機種マルチか
・普通にPS4、ONE、PC、次世代機マルチ
・PCと箱にも出すでしょ
・なおSwitchには…
・今までもPS4とPCで販売してたから同じだろう
実質PS4独占
・PS5だからまだ発表できないんだね

箱には出ないんだな~。スイッチはまず論外だけど(´・ω・`)