cf18eedf-s

国内eスポーツ大会の優勝賞金が500万円が6万円に減額 プロライセンス未保有のため JeSU関係者「カプコンの判断」

国内eスポーツ大会の優勝賞金
東京ゲームショウ2019で15日に開催された「ストリートファイター5」の大会「CAPCOM ProTour 2019アジアプレミア」で、プロゲーマーのももち選手が優勝した。この大会の優勝賞金は500万円だったが、ももち選手が手にするのは6万円余りだとわかり、議論を呼んでいる。

日本eスポーツ連合(JeSU)公認大会の「CAPCOM ProTour 2019アジアプレミア」では、賞金の付与について、「入賞者がJeSUが発行する『ジャパン・eスポーツ・プロライセンス』を保有している場合、規定の金額が支払われます」「入賞者がプロライセンスを保有していない場合、規定の金額にかかわらず賞金の最高額は10万円とします」と定められていた。このため、JeSUのプロライセンス制度に疑問を呈し、距離を置いているももち選手の獲得賞金は10万円となった。

その後、ももち選手は大会での獲得賞金について、自身のゲーム実況チャンネルで言及。賞金はライセンス未所持者の最高額10万円ではなく、6万200円だと明かした。ももち選手によると、副賞でもらったモニター代3万9800円と合わせて10万円との連絡があったという。これには「僕もびっくり」としつつも、今後については話し合う機会をもらったとしている。

ももち選手の獲得賞金はTwitterで拡散。上位者の中で優勝者が最も低い賞金になることや、副賞代を賞金から差し引くことへの疑問や、プロライセンスを発行するJeSUへの批判など様々な声が寄せられている。その中で、JeSUの地方支部・東京都eスポーツ連合の関係者は、「判断下しているのはカプコンなんだからJeSUがどうこうなのはちょっと違うと思うよ」「そもそも団体できるといきなり『出た利権団体w俺らの敵!w』とか言われるから出づれえよマジで」などとツイート。その後、投稿を削除し、伝え方が悪かったとして謝罪した。

なお、JeSUがプロライセンスを推進する理由の1つである賞金については、JeSU自身が東京ゲームショウ2019でライセンスの有無に関わらず提供可能と示している。eスポーツ普及にあたってライセンス制度が必要なのか、今後も議論を呼びそうだ。


JeSU東京支部の事務局長のツイッターより 
※都合が悪くなって削除
279bdcee
a2ae75dd
af2de685

関連記事




反応

・出た利権団体w言い訳ばかりで誰かを敵と認定して自分の間違いを認めない社会のゴミ!w
・で、差額の490万円はどこに消えたの?
・これで五輪とか本気でいってるんだから、日本のJeSUのやり方は海外からも疑問の声が出てるし、潰して再生しても同じよなことになるだろう永遠に無理だよ
・そんな下らねえ事(頑張ってる人がバカ見る事、つまらない理由)にライセンス云々なら潰れちまえ!!ハイエナ協会の間違いだろ?
・円滑な運営のためこの様な協会や団体は必要、でも選手がそこに所属しないと賞金賞品が満額貰えないのは詐欺に近いものを感じるし、プロライセンスもこの団体の運営してる大会じゃないと意味を成さないのなら、他の大会では紙屑同然ではないのか
・こりゃ流行るわけねえよwww日本のeスポーツは一生細々やってろよ
・こいつらは単に利権チューチューしたいだけのクズだろ
・こんなクソ制度にNOを突きつけたももちは偉い ももち主導で別の大規模大会開催してくれりゃいいなと思ったがカプコンが利権の味方なんじゃそれも難しいのかもね

利権ゴロみたいになってきてんな(´・ω・`)