ogp-2

ミクシィ、2Qは売上高34%減、営業益80%減と大幅な減収減益に ARPU低下で『モンスト』の売上高が減少 『モンスト』IPを活用したゲーム開発を積極化

ミクシィ
ミクシィ<2121>は、11月8日、2020年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表、売上高468億円(前年同期比34.1%減)、営業利益40億円(同80.5%減)、経常利益40億円(同80.5%減)、最終利益21億円(同83.0%減)となった。
 

各セグメント別の状況は以下の通り。

①エンターテインメント事業…売上高451億円(前年同期比33.7%減)、セグメント利益97億円(同61.7%減)
主力の『モンスターストライク』は、前年同期と比較してARPUが低下したことにより売上高は減少した。ただし、ゲーム利用者数は2019年10月に全世界で5,200万人を突破した。また、『モンスターストライク』のIPを活用した新規ゲームの開発などを積極的に進めている。

スポーツ領域では、プロスポーツチーム経営、公営競技関連事業への投資を行った。プロスポーツチーム経営は、2019年10月に千葉ジェッツふなばしを子会社化した。公営競技関連事業は、2019年2月にインターネットで競輪およびオートレースに投票するサービス「チャリロト.com」を提供するチャリ・ロトの全株式を取得し、共同で新たなサービスの開発を進めている。

②ライフスタイル事業…売上高16億円(前年同期比43.4%減)、セグメント損益4億円の赤字(前年同期は8億円の赤字)
「家族アルバム みてね」は、2019年6月には利用者が500万人を突破した。また、2019年4月に機能を充実化させた月額課金制のプレミアムサービスを開始するなど、マネタイズの強化を行った。2019年10月には子会社化したスフィダンテの持つノウハウを活かした「みてね年賀状」の提供を開始している。なお、ライフスタイル事業全体では、前期にDiverseの全株式を譲渡した影響により売上高が減少した。

なお、2020年3月期通期の予想については、従来予想から変更なく、売上高1000億円(前期比30.6%減)、営業利益50億円(同87.8%減)、経常利益50億円(同87.8%減)、最終利益30億円(同88.7%減)の見込み。
 





反応

・モンスト頼みではもうだめだな
・これはもうだめかもしれんね
・第二のモンスト出さないと死ぬなこれ
ふとmixi決算資料見てみたけど、もはやSNSの話は影も形もないじゃん... ほんとソシャゲの会社になってるんだな
あの糞決算なんやねん。お前んとこ大丈夫か?潰れるんちゃうか?もっと社員共々しっかりせーやゴミ
ミクシィ決算を見て、もう全盛期になる事はねーなってのと、この会社はモンストと心中するしかねーな


ソシャゲバブル弾けちゃってるな・・
どこが生き残るかな(´・ω・`)