pokemon_sword_and_shield_zacian_and_zamazenta_japanese_logos


「ポケモン」新作の大リストラで世界的な炎上 長期タイトルの宿命か

「ポケモン」
ゲーム「ポケットモンスター」の第1作が発売されたのは、1996年のこと。おなじみのキャラクター「ピカチュウ」を“顔”にシリーズは人気を博し、今年11月15日には第8作目となるNintendo Switch用ソフト「ポケットモンスター ソード・シールド」が発売された。が、この新作、発売前から国内外で大きな波紋を呼んでいたのだ。

シリーズに共通する基本的なシステムは、ポケットモンスター(通称ポケモン)と呼ばれるモンスターを捕まえ、育て、そして対戦させるというもの。第1作の「ポケットモンスター 赤・緑」に登場したポケモンは全151匹。99年発売の第2作目「金・銀」ではポケモンの数は計251匹に増え、02年の3作目「ルビー・サファイア」には計386匹に……とポケモンはどんどん増えてゆき、昨年11月に発売された「Let’s Go!  ピカチュウ・Let’s Go!  イーブイ」の時点で、じつに計809匹のポケモンが世に出ていた。

 当然、今回の新作「ソード・シールド(以下、剣盾)」では、809匹+新ポケモンで遊べるものとファンは期待していたのだが……。

「『剣盾』では、81匹の新ポケモンが加わりました。ところが『剣盾』に登場するポケモンの数は、およそ400匹。ざっくり半数のポケモンが、新作では登場しないことになったのです。これまでは基本的に、過去の作品から自分のポケモンを連れてきて、新作でも一緒に旅をしたり、対戦したりすることができました。しかし『剣盾』に関しては、登場しないポケモンのデータそのものが用意されておらず、行き来ができない。完全に“リストラ”されてしまったのです」(ゲーム誌ライター)

リストラの理由について、プロデューサーの増田順一氏は、インタビューで次のように説明している。

〈グラフィックをハードの変化に適応したクオリティーにすることのほか、バトルの面でも、新たな個性を持ったポケモンを活躍させることや相性のバランス調整をすることが非常に困難になりました。今回の決断の理由にはそうした事情があり、これから先の作品ではすべてのポケモンを登場させるのは難しいという決断に至ったのです〉(19.06.13更新「ファミ通.com」より)


そして11月に入り、発売を前にして「剣盾」登場ポケモン一覧とされる情報が海外からもたらされた。

リストラの全容に、ファンからは嘆きの声が上がりました。手塩にかけて育てたポケモンが『剣盾』で使えないこともさることながら、リストラの基準にも疑問の声が出た。各シリーズで最初にもらえる3匹、通称“御三家”からもリストラが出ましたし、貴重な“伝説”扱いとされるポケモンもモノによっては出ない。シリーズの魅力のひとつ、オンライン対戦で定石として使用されるポケモンもリストラにあいました。一方、どう考えても人気はないだろうというポケモンが、なぜか内定していたり……」(先のライター)

 たとえば今夏、JR東日本で実施されていた「ポケモンスタンプラリー2019」では、18匹のポケモンが起用されていた。このスタンプラリーは、第1作目「赤・緑」時代に公開された映画のリメイク作「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」とのタイアップ企画でもある。つまりこの18匹は“古典”に登場し、厳選されたおなじみのポケモンたちといえる。ところが、このうち「剣盾」に登場するのは、7匹だけ。「カメックス」や「フシギバナ」、なにより映画に名前が冠されたポケモン「ミュウツー」も出ないのだ。シリーズに詳しくない方でも、リストラの衝撃のほどが少しはお分かりになるだろうか――。

「“新シリーズはプレイする気がおきない”といった意見がSNSに投稿され、怒りのたけをYouTube配信するファンも。11月15日に日本で予定されていた発売記念イベントは〈運営上の都合〉を理由に急きょ中止になったのですが、これも炎上を受けてのものと思われます。さらに米国では、ダウンロード版の予約返金キャンセルが認められたという情報も。返金キャンセルを認めるのは、異例の事態だそうです」

 Twitter上には、ポケモンの開発会社を指して「#GameFreakLied(ゲームフリーク社の嘘つき)」「#FuckYouGameFreak」というタグも登場。先の増田プロデューサーのアカウントには、海外からも非難の声が寄せられている。

 最後にゲームライター氏はいう。
「増田さんもインタビューで話しているように、登場キャラクターが1000近くにまで増えれば、新たなゲームを作るには時間も人手も膨大にかかる。今後もシリーズを続けるのであれば、リストラはどこかではやらなければならなかったこと。『ポケモン』という世界的な長期タイトルの宿命ではないでしょうか」

以下全文を読む






反応

リストラ自体は別にいいけど奇形新ポケモンの為に削られたと思うと不憫でならない
リザードンが出てカメックスとフシギバナが出ないのはとさすがに思った。
長期タイトルの宿命で起こった事ではないと思う。
そこまで新要素必要なの?って事に一番力を入れて、一番メインであるポケモンの製作が酷いのが原因だと思うけど。
海外向けのといっても海外でも批判されているが、やっぱり日本が好むようなデザインの新ポケモンを出すべき。
新たなポケモンに出会って、育成して、バトルしてバッチもらえるだけで十分だと思うけど。

リストラ自体は今まで全ポケモン入れてくれてたのが凄いことだったと思うから受入れてるんだけど、ポケモン減らした割に・・・っていうクオリティだったのが残念。
・リストラ、バグ、手抜き、データ破損、スイッチ破壊で役満
・今回はホント酷すぎる
減らした理由として増田氏が述べていた、「全ポケモンを1から3Dで新しく作り直す為」という部分が特に海外で炎上していた。
というのも、発売直後にデータ解析が行われた結果、ほとんどのポケモンが過去作からの3Dデータ流用だったことが判明した為。
分かりやすい嘘だとして、一気に海外で燃え広がったようだ。

リストラは百歩譲って本当に全部入れるのが大変だったって事にしといても、
他の要素でがんばっている部分が何一つありませんでした・・・
せっかくの据え置きで発売したもののCVは無い、リーグ形式での対戦なのに実況も付かない、
ただただいつも発売している携帯機向けのポケモンをそのままSwitchで出していると言うだけの感じでした。
ポケモンの数を絞るなら、せめて対戦部分はもっと盛り上がり楽しめるようにしてほしかったですね。
後一応はRPGなのにダンジョンが無いってどういう事なの?


リストラだけじゃなく他にもボロボロ出てくる始末(´・ω・`)

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
スクウェア・エニックス (2020-03-03)
売り上げランキング: 61