Stadia_03_19_19



 
ワシントン・ポストのゲーム部門レポーターGene Park氏がクラウドゲーミングプラットフォームGoogle Stadiaの入力遅延(input lag)の検証映像を公開。

ワシントンポストのPark氏
・ワシントン・ポスト社内のギガビットイーサネット環境下での遅延テスト(Chromecast Ultra経由、Chromeブラウザ上で検証)。スペースキーをタップ後、ジャンプするまでに遅延が発生。また、試行ごとに遅延の度合いも異なる。
・Google Stadiaについて、ブラウザやLCD 4Kテレビ上のプレイではひどい入力遅延が発生する
・Google Pixel 3aといった携帯端末(WiFI接続)では遅延もぼやけも殆ど生じなかった
・自宅(WiFi、ダウンロード速度45Mbps~55Mbps)、ワシントン・ポスト社内(ギガビットイーサネット)と様々なネット環境下で検証を実施。いずれの場合も、ブラウザやテレビよりも携帯端末の方が優れているように感じた。


Googleのゲームストリーミング「Stadia」、11月19日に22タイトルでスタート

 Googleのゲームストリーミング
回線の状況次第で遅延は避けられず、4Kを謳っているが4Kには見えない、まだβ段階のような使用感だ、という評価が多い。



反応

・反応遅っw
stadiaやっぱり遅延あるのか。 FPSタイトルとか格ゲーはきついらしいな、操作も受け付けなくなる事があったとかも書かれてるし。
Stadia遅延 PlayStationNowより酷いんだけど笑うわ
これは、なかなか遅延してるなぁ。
・こりゃ駄目だわ
stadia、環境によって遅延に差が出るのはまあそうなんだろうけど、モバイル環境のが安定してたって話は興味深い。あと専用コントローラの有無でも大分変るのでは?
stadia遅延をなんか凄い技術でなんとかすると思ってたけど駄目みたいですね
・やっぱクラウドは駄目だな

出る前から終わるやつ(´・ω・`)