kojima-1280-2-1513017517777_na6k.1280

小島秀夫監督が12月3日放送のラジオ『伊集院光とらじおと』に生出演

小島秀夫監督
12月3日(火)放送の「伊集院光とらじおと」に、ゲームクリエイターの小島秀夫さんの出演が決定しました。

 小島さんは10時からの「伊集院光とらじおとゲストと」のコーナーに生出演。現在話題となっているのが、11月8日に発売した小島秀夫さん率いるコジマプロダクションの新作、PlayStation 4用ソフトウェア『DEATH STRANDING』で、伊集院光はじめ、ゲーム好きの番組レポーターもドハマりしています。

 一言で言えば、「舞台となる世界を自由に動き回って探索できる“オープンワールド”のアクションゲーム」だが、その開発には並々ならぬ苦労があったとか。

 今回の出演ではこの『DEATH STRANDING』のお話はもちろん、小島さんの代名詞でもあるメタルギアシリーズなどから紐解く今のゲームのハードルの高さまで、ざっくばらんにお話を伺います。

 また、英BBCのインタビューにて「将来的に映画を作る」とも語ったという小島さん。ゲームに精通した伊集院光とのトークは、濃厚な放送になること間違いなしの30分! ぜひ、お聴き逃しなく!


以下全文を読む




反応

・さっさと作れよ
CG映画ならすぐ作れるやん
・自主製作映画作ってネットで流せばいいんじゃない
視聴者数は「必ず」うんと伸びるだろうからきっとお呼びがかかるよ
・はよ映画行けや
もうゲーム作らんでいいからw
・その方が本人も幸せそう
ゲームはもう無理でしょ
・主人公が煙草吸って娘が目玉焼き作ってるだけで40分くらい使いそう
・正直脚本とかはあまり向いてないよなこの人。
壮大で深みがあるのは分かるんだけど、綺麗にまとめて誰にも分かるように作る才能が無いというか
・まず話を2時間以内にまとめる事から覚えよう
映画作りの最低限の基礎だ
DEATH STRANDINGは映画をプレイしたって言った方が良いくらいの内容だった
デスストしながら思ったんだけど、小島監督は「映画民をゲームに引き入れる」のと同時に「ゲーム民を映画に引き入れる」ことも狙ってる
デス・ストランディングは小島監督の初の長編映画作品って言っていい


そういや映画版メタルギアソリッドどうなったんかな(´・ω・`)


ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4