unnamed

第234号『プレイステーション革命』

第234号『プレイステーション革命』

シリーズとしてお届けしてきた『最初の10年の仕事の仕方』の外伝的ポジションとして今回の記事を書くことにしました。

なぜなら25周年を迎えたプレイステーションの“お祝い的”な思いを込めて当時を振り返ってみようと思ったからです。

というのも有限会社サイバーコネクト(現サイバーコネクトツー)はプレイステーションが無かったら存在しなかった会社です。(サイバーコネクトは最初はプレイステーションのゲームソフトを作る開発会社として立ち上がったのです)

当時の我々(サイバーコネクト)が“そう”考えた理由でもあるのですが、ゲーム業界全体から見てもSCE(現SIE)がプレイステーションで起こした“革命”は非常に大きなものでした。

私自身が認識している最も大きなポイントを3つ挙げたいと思います。

【プレイステーションが起こした3大革命】

①大容量&メディア革命
それまでのゲーム機は当然ながらファミコン・スーパーファミコンと任天堂が作ったゲーム機・ゲームソフトでみんなビジネスをやっていました。ご存知の通りROMカセットでした。容量を増やすためにはどんどん基盤を大きくする必要があって同時に原価も勿論高くなるというシステムだったのですが、プレイステーションはCD-ROMでいきなり大容量!しかも(CDですから)原価が安い。(スーパーファミコン末期に発売された『ドラクエⅥ』は11,400円で発売されました)価格も一気に下がってほとんどのプレイステーションタイトルは5,800円で発売されました。ゲームソフトの値段を“ファミコン初期”の頃まで戻したのは大きかったと思います。また大容量であるため音楽(音源)が豊富に使えてムービーまで再生出来て3DCG(ポリゴン)でゲームの表現が飛躍的にアップしました。


②流通革命
それまで(FC・SFC)は任天堂の“初心会”と呼ばれる流通組織を通さないと販売が出来なかったのですが、SCEは同じソニーグループであるSME(ソニー・ミュージックエンターテインメント)のレコード流通を使ってプレイステーションのゲームソフトを流通させました。これにより流通販路が増えて(CDを卸している店舗にはゲームソフトが卸せる)コンビニやビデオレンタルショップなどでもゲームソフトが販売されることになりました。一気にゲームソフトが“おもちゃ→カジュアル”という印象になって子供だけでなく若者も(女性も)ゲームソフトを遊ぶようになりました。またメディアがCD-ROMであることから追加注文(リピート)にも強く発注からわずか数日で店舗に納品できる体制が出来ました。(当時のROMカセットは追加注文におよそ2か月かかることもあった)


③“ゲームやろうぜ!”作り方革命
一番我々が恩恵を受けたのが実はコレです。(一般の人にはなかなか見えない部分だと思いますが)当時のSCEはプレイステーションの立ち上げと共に“ゲームやろうぜ!”という業界内施策を開始して若いクリエイターの独立・企業支援を行ったのです。この辺は元になったSME(レコード会社)的発想だったと思うのですが“ゲームクリエイター=アーティスト”という位置づけでまるでミュージシャンを発掘するかのように若いゲームクリエイターを応援してくれました。この制度があったおかげで当時25歳の若造だった私も有限会社サイバーコネクトを友人達と一緒に立ち上げることが出来たのでした。(そしてこの頃から色んなゲーム情報誌に各社のゲームクリエイターのインタビューなどが掲載されるようになったのです)

個人的に一番大きい(嬉しい)と感じているのはやはり③で“作る人たち”を増やすために新しい施策を実施してくれたことです。

それともうひとつ。

若いクリエイターを支援することでゲームクリエイターを新たに生み出し、“ゲームファン=子供”だけでなく大人(特に女性)のユーザーを増大させたことが業界貢献的にも大きかったと感じています。

オシャレでしたよね、プレイステーション。

なんかこんなにプレイステーションやSCEのことを絶賛するとまたどっかの頭のおかしい人が“じゃあ、ぴろしは任天堂が嫌いなんですね”とか言い出すことまで容易に想像できますがもういいや、知らん。

いいじゃん、最初に“25周年のお祝い”って言ってるんだから。

良いことばかり言っても構わないでしょ、今回くらい。

お仕事をやってる人であればどんな業界であれ“悪く言おうと思えばいくらでも言える”ってことはご存知でしょうから。(要はプレイステーションや当時のSCEに困らされたことはいっぱいあるよってこと、けど今回はお祝いだからあえてそういったことは書かないよってことですよ)

では改めまして。

プレイステーション25周年おめでとうございます。




反応

・任天堂はゲーム業界を縮小させるガンだからな
・じゃあPSとともにこのまま死んでくれw
任天堂ハードには一切ゲーム出さなくていいからw
・素直に25周年でPSとSIEに感謝と賛辞で終わっておけばいいのになんでお祝いに一々不穏な言葉混ぜて喧嘩売るんかね
・任天堂はサードに何もしてやってないんだね
そりゃサードはSIEに付くはずだわ


松山は全方位にアンチ多いけど、任天堂系は特に悪質なやつ多いんだろうね(´・ω・`)

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
スクウェア・エニックス (2020-04-10)
売り上げランキング: 6