0d77a361

「Call of Duty」シリーズの次回作は2020年秋発売、Activisionが業績報告にて明言

「Call of Duty」

2012年以来続いてきたInfinity WardとTreyarch、Sledgehammer Gamesによる3年サイクルから脱する“Treyarch”の新作が噂されている2020年の「Call of Duty」シリーズ最新作ですが、本日Activision Blizzardが実施した2019年第4四半期業績報告のカンファンレンスコールにて、“Call of Duty”の次回作と発売時期を報告し、2020年秋に最新作の発売を予定していることが明らかになりました。

近年、第4四半期業績報告にて次回作の存在が明かされ、5月前後に正式アナウンスが行われる流れが続いている“Call of Duty”シリーズですが、今年は最新作の開発スタジオに関する情報が提示されておらず、前述した“Treyarch”新作の噂に改めて注目が集まる状況となっています。


余談ながら、Treyarchによる新作の噂は、昨年5月にKotakuが複数の匿名ソースから情報を得たとして報じたもので、当初はSledgehammer GamesとRavenが冷戦時代のCoD最新作を手掛けていたものの、その後計画が変更となり、新たにTreyarchがSledgehammerとRavenをサポートスタジオに迎え、前述の冷戦CoDを“Black Ops 5”として開発を進めていると報じられていました。


また、この噂を裏付ける動きとして、Treyarchが2020年発売予定のAAAタイトルに関する開発者の募集を実施したほか、David Vonderhaar氏が今年1月に(従来の3年サイクルであれば)異例とも言える次回作への言及を行い注目を集めていました。


なお、“Call of Duty: Advanced Warfare”以来、3つ目のCoDリードスタジオとなっていた“Sledgehammer Games”については、長年スタジオのクリエイティブと開発を率いた創設者で、Dead Spaceの誕生と成功を支えた元Visceral GamesのベテランMichael Condrey氏とGlen Schofield氏がいずれもActivisionを退社しており、Redwood Shores時代から2人と共に数々のタイトル開発を率いてきたAaron Halon氏が後任のスタジオヘッドに就任していました。


以下全文を読む


「Call of Duty: Modern Warfare」が“Black Ops 4”を大きく上回る販売を記録、PC版は前年のBO4から50%増を達成

「Call of Duty: Modern Warfare」

本日、2019年第4四半期業績報告を実施したActivision Blizzardが人気シリーズ最新作「Call of Duty: Modern Warfare」の販売規模をアナウンスし、昨年の“Call of Duty: Black Ops 4”を大きく上回る販売を達成していることが明らかになりました。

  • コンソールとPCを合算した“Call of Duty: Modern Warfare”の累計出荷本数は、前作の“Call of Duty: Black Ops 4”と比較して2桁を上回る割合で増加。Battle.netにおけるPC版の販売は“Call of Duty: Black Ops 4”と比較して50%増を記録した。
  • “Call of Duty: Modern Warfare”のダウンロード版が占める割合も大幅に増加し、コンソール版のデジタル化率はほぼ50%に到達。
  • ゲーム内のデジタル販売は“Black Ops 4”と比較して2桁を上回る割合で増加。

また、Activisionは本作の好調が、当初の予測を上回る2019年第4四半期の業績と売上げ、株価の上昇を牽引したと報告しています。






反応

MW2リメイク
・CODMWはBO4の売上越えたか
スパン短いな
・PS5ローンチになりそう
ゴーストか
正直毎年出すのそろそろヤメてもいいと思うんだが…



ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
スクウェア・エニックス (2020-04-10)
売り上げランキング: 7