Ryu-in-Sekiro

Team NINJAはファンが『NINJA GAIDEN』の新作を求めていることを理解している

Team NINJA

「DEAD OR ALIVE」、「NINJA GAIDEN」、そして最近は「仁王」で知られるコーエーテクモの人気スタジオTeam NINJAが次のゲームの制作をすでに考えているらしい。

同スタジオが手がける『仁王2』の試遊イベントで、IGNは本作のディレクターである安田文彦氏にインタビューすることができた。同氏はファンが『NINJA GAIDEN』の新作を望んでいることを理解していおり、忍者をテーマにした最近のゲームの人気に触発されたと話した。

同氏によると、『仁王2』の開発チームで『NINJA GAIDEN』も作っていたメンバーも多く、近いうちに新しい忍者ゲームを作る意欲が高まっていると話した。


安田氏は、「一部のファンが『仁王2』よりも『NINJA GAIDEN』を望んでいたことも知っています。現在、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のような忍者ゲームが登場し、そういったゲームから大いにインスピレーションを受けています。よって、いつか朗報を届けられればと思っています」と述べていた。

安田氏は、『NINJA GAIDEN』の新作が開発中であると認めたわけではないが、その需要を認識していて、さらに『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』に触発されたことも認めたわけだ。

2012年の『NINJA GAIDEN 3』以来、公式の『NINJA GAIDEN』はリリースされていない(2014年のスピンオフ『Yaiba NINJA GAIDEN Z』は除く)。しかし、忍者や侍を題材にしたゲームが久々に人気を集めているこのタイミングで、このジャンルの古参デベロッパーと言えるTeam NINJAによる『NINJA GAIDEN』の新作は大いに期待したい。


以下全文を読む





反応

2そのままリマスターするだけで良い
・ダクソの次はSEKIROパクるのか
・SEKIRO風ニンジャガとか絶対面白いやん
NINJA 3点こと3惨憺たる仕上がり目の当たりにしても尚、現チーニンに新作求める声あることに驚き隠せない
・板垣はもういないんや・・
・ニンジャガって現代が舞台だけどビルとかを鍵縄でビュンビュン飛び回るのかな


ニンジャガ新作はSEKIRO風にするのは有りだし面白そう(´・ω・`)


仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)
コーエーテクモゲームス (2020-03-12)
売り上げランキング: 50