20191028-gtsport-2-thumbnail

Gran Turismo’s Future: “4K Resolution is Enough”, But 240fps is the Target

Gran Turismo's Future- _
GTシリーズを手掛けているポリフォニーデジタルの山内一典氏は、グランツーリスモのグラフィックスの今後の方向性について、ディスプレイの解像度ではなくフレームレートが、シリーズの次のタイトルが改善される可能性があると示唆した。

山内はオーストラリアの地元メディアとのメディアカンファレンスに参加していた。質問は当然FIAイベント自体に集中していたが、彼はGT SportとGran Turismoシリーズ全体について幅広い質問をした。

当然のことながら、グラフィックの忠実性を追求するというグランツーリスモの名声を考えると、シリーズが次世代のコンソールでどのように進化するのかという疑問があった。
GT Sportが8K解像度を披露するのに使用されたことは既に見てきたが、8KはPS5の重要な機能であるため、山内氏の答えは驚くべきものだった

「ディスプレイの解像度に関しては、4Kの解像度で十分だと思う。」

ポリフォニーデジタルが改善しようとしているのは、フレームレートだ。PS4 Proでは、GT Sportはフレームレート優先モードで60fpsを保持しているが、それは山内がPS5をターゲットにしているものではない。代わりに、彼はPS5の強化されたパワーを使用してそれよりも上のターゲットに移行することを検討している。

「1秒あたりのフレーム数という点では、60 fpsに留まるのではなく、120 fpsまたは240 fpsに上げることに興味がある。これが今後の体験を変えるものになると思う。」

フレームレートを高くすると、動きをよりスムーズに認識できるようになる。これは、車が接近して走るレースゲームで潜在的に役立つものだ。60fpsでは、画面は実際の位置から5フィート以内にしか相手の車を表示できまないが、フレームレートが増加すると劇的に低下する。
これはレーシングエクスペリエンスを向上させる。これは、ディスプレイがこれらのフレームレートに対応していることを前提としている。

山内氏はまた、コンソール世代から世代へのパフォーマンスに関して指摘。
「PS1からPS2に移行すると、2つのコンソール世代の間でパフォーマンスが100倍違ったが、そのような進歩はもはや不可能だ。」





反応

・2kでいいから本体とソフト1本で3画面させてくれよ
・そもそもPS5に8Kを出力できるパワーがない
4K60fpsが限界
・240fpsも必要ないけどな
・4kもいらん
効果対して必要な性能が見合ってなさすぎ
解像度は1080pで十分だ
フレームレートも安定60fps以上は無理にやる必要ない
・8Kにするより
FHDでいいから全画面レイトレにしろよ
・安っぽい風景なんとかしてくれよ(笑)木なんてペラペラやんけ
・8k対応ってどうせフォトモードだけだし
・実際、4K55型TVでゲーム遊んでも、1.5mも離れれば1080pと2160pの違いの判別は難しい
30cmくらいまで近づくと、アプコン表示の1080pはザラつきや若干モアレってたりするのが分かるが
最低でも1mは離れないと画面全てが視界に入らない
・個人的に4kでも過剰だわ
・240fpsで頑張っても
一般のTVじゃ60fpsが精いっぱいなんだけどね



GT7は120fps出せるように頑張ってほしいね(´・ω・`)


ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
スクウェア・エニックス (2020-04-10)
売り上げランキング: 4