20200325-118053-header-696x391

自由な創造ゲームでも「PS4でマリオ」は許可されず。任天堂が『Dreams Universe』に対し権利侵害を申し入れる

自由な創造ゲーム
20200325-118053-header-696x391
SIEワールドワイド・スタジオのMedia Moleculeが手がけ、PS4向けに販売中のゲームクリエイティブプラットフォーム『Dreams Universe』。本作のクリエイト用ツールは自由度が極めて高く、シェアされているユーザー作成コンテンツの中には、実在のゲームを再現するようなものも見られる。たとえば『クラッシュ・バンディクー』や『ソニックアドベンチャー』『Portal』『メタルギアソリッド』など。クオリティの高い作品も多く、アーリーアクセス時から話題になっていた。そうしたなか、とあるユーザーが制作した「マリオ」が、著作権侵害であるとしてゲーム内から削除され話題となっている。


TwitterユーザーのPiece of Craft氏は3月21日、『Dreams Universe』内で制作したマリオのスクリーンショットを投稿。そこには、著作権登録された素材が含まれているためゲーム内から削除したとのメッセージが表示されていた。これを受けて、同氏自身がこのマリオをリミックスすることは依然可能だが、オリジナルをエディットすることはもうできず、ほかのプレイヤーとの共有も不可能となっているそうだ。

また別のツイートでは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント欧州法人の法務部から、同氏のPlayStation Networkの登録メールアドレス宛に通知があり、任天堂からの抗議を受けたために取った措置であると記されていたという。



これまでRedditなどのコミュニティサイトでは、上に挙げたような再現系作品は著作権侵害と判断されるのかどうか定期的に話題に上っていた。本作のヘルプ&サポートページには「著作権の侵害について」というページが用意されており、他者の著作物を『Dreams Universe』に投稿した場合は、著作権侵害についての警告を受けることがあると記載。そのうえで、フェアユースあるいはフェアディーリングにあたると考えるならば異議を申し立てることが可能だとしている。

このように、開発元Media Moleculeは一旦は警告を出すものの、再現系作品に対する明確な立場は示していないことが分かる。一律に判断しにくい側面もあるのだろう。そのためユーザーとしてはどこか不安な気持ちが残り、コミュニティにて定期的に議論する流れとなっていたのかもしれない。


以下全文を読む




反応

・これがダメならmodもダメじゃん
・そりゃそうだろうとしか
公表せず内輪だけで楽しむならともかく
・流石にいかんでしょ
・この偽マリオはまだ販売はしていないよね?
だったら黙認してもいいのに、任天堂はケチ臭い会社だなあ
・LBPの頃は寛容だったのに
リアルにしすぎたせいでアウトになっちまったかぁ
そこまで再現できるなんてすげぇ
PS4マリオが動いて任天堂何一つ得しないからそりゃまあ ファンアートってレベルじゃないし
・著作権の侵害だからしゃあない
任天堂がコラボ認可していない他社のゲームに
任天堂のIP乗っけて宣伝に繋がるような行為をするのはご法度


これはしゃあない(´・ω・`)


【PS4】Dreams Universe
【PS4】Dreams Universe
posted with amachazl at 2020.03.26
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2020-02-14)
売り上げランキング: 1,172