Ps5-vs-X-Box-One-X

PS5とXboxが直接対決! 四度目の激突の裏で、ソニーとMSが恐れる「本当の敵」

PS5とXbox
今年11月、ソニーの「プレイステーション5(PS5)」と、マイクロソフト(MS)の「Xbox Series X(Xbox SX)」の二つの新型ゲーム機が発売されます。両社の対決は、20年にわたって繰り広げられており、四度目の激突に注目が集まっています。

これまではソニーの2勝1分

両社の対決は2001年まで遡ります。ソニーは2000年、PS2を発売し、わずか3日間で100万台を売り上げました。

任天堂をゲーム業界の盟主から引きずり下ろしたゲーム機「プレイステーション」の後継機であること、安価なDVD再生機としてゲーム以外のユーザーからも注目を集めたことが売り上げに繋がったようです。

一方、MSはPS2の発売直後に、専用ゲーム機の投入を正式に発表。一般紙でも大きく取り上げられるほどの注目を集めます。そして1年半後の2001年に初代Xboxを発売します。

日本では苦しみましたが、欧米市場を開拓し、世界で計2800万台を出荷しました。PS2の1億5000万台とは差は開いたものの、一定のシェアは確保しました。

次の対決はPS3とXbox360です。Xbox360はPS3に先んじる形で2005年に発売し、売り上げを伸ばします。追いかける形で2006年に発売されたPS3は最終的に約8800万台を出荷しますが、Xbox360も8000万台超を売りましたから、ほぼ互角の戦いでした。


そして現行機の争いです。PS4とXbox ONEはともに2013年11月に発売されましたが、PS4が399ドルだったのに対して、Xbox ONEは499ドルで、価格差がストレートに出ました。

半年後の2014年5月の決算発表会見でソニーの平井一夫社長(当時)は「本年度も(据え置き型の家庭用ゲーム機市場で)ナンバーワン・ポジションの堅持を目指す」と早々に“勝利宣言”をしました。

2020年9月の時点でPS4は1億1000万台を出荷しています。対するXbox ONEの出荷数は、非公開ですが、各種データによると4000万台強から5000万台弱と推測できます。PS4の圧勝は明らかです。

Xbox360ではPS3に肉薄しただけに、MSの新型Xboxにかける意気込みは並々ならぬものがあるでしょう。逆にソニーは、PS4で得たアドバンテージをそのままPS5に持ち込みたいはずです。

マイクロソフトが「賭け」にでた?

ゲーム機は、ソフトを入れて動かしてみてはじめて、その真価が分かります。ですからスペックの比較は、あくまでも参考でしかありません。

それを前提に比較してみると、PS5とXbox SXの性能は、一般ユーザーに「リッチな映像でゲームを遊んでもらう」という似た方向性をもった筐体だと分かります。

あえて違いを挙げれば、PS5はゲームの待ち時間(ロード)を短くすることに重きを置き、Xbox SXはより高い性能を追求することでしょうか。


高性能を追求するにしても、高すぎると売れませんので、商品として許容される(であろう)本体価格はあります。そんな制約があるなか、価格面では両社の狙いが割れました。

まず、ソニーもMSも、それぞれが高い価格と低い価格の2種類のゲーム機を用意しました。高い価格はいずれも499ドルです。こちらはガチの勝負といった感じですが、一方で低い価格にかなりの違いが出ました。


ソニーは、PS5の通常版と性能こそは同じものの、ディスクドライブのないダウンロードに特化した「デジタル・ディション」を100ドル安い399ドルに設定。MSは、Xbox SXの性能を落とし、ディスクドライブを外した廉価版「Xbox Series S(Xbox SS)」を200ドル安い299ドルにしました。

MSはこれまで、ゲーム機でスペックを追求する姿勢を打ち出してきただけに、今回はスペックを落としてまで安い価格にこだわる、「賭け」に出た印象を受けます。


しかし、廉価版のXbox SSは大きな武器ではあるものの、“もろ刃の剣”でもあります。ポイントは、実際にソフトを入れて動かしてみて、どのくらい快適にプレーできるかです。

性能を落とした結果、読み込みのロード時間が極端に長いなど、ゲームプレーは快適に行えないとなった場合は、嫌気をされる可能性もあります。


MSもその点は織り込み済みとは思いますが、ソフトは常に進化し続けるので、短期的には問題ないにしても、長期的には気になるところです。こればかりは購入した消費者の評価、実際にどうなるかを見てみるしかありません。


今回、両社の新型ゲーム機の売れ行き予想はいつもより難しいといえます。それは新型コロナウイルスという不確定要因があるからです。みなさんも実感しているように、消費者の懐事情(出せる金)は確実に悪化しています。


最初は熱烈なゲームファンがこぞって買うため販売台数は伸びるかもしれませんが、問題は最大商戦期を超えて2021年になってから、どこまで売れるかでしょう。

GAFAという「本当の敵」

ここまで読むと、ソニーとMSがゲーム機の覇権を巡って、争っているように思われるかもしれませんが、一方で協力関係にもあります。

2019年5月、日経新聞で「ソニー、マイクロソフト提携 競争と協調の先」という記事が出されました。これはクラウドサービスやAI分野に関して、両社が提携を結んだという内容です。

提携が発表されると、NHKもトップニュースとして扱いました。当時、この報道に対して筆者が関係者らに当たったところ、みな一様に戸惑っていました。次世代のゲーム機で対決することがハッキリしている中での提携ですから当然でしょう。

ただし提携の真意は、両社の立ち位置を見ればハッキリしてきます。

ソニーもMSもゲームビジネスで大きな売り上げを立てましたが、近年になってアマゾンやグーグル、アップルなど、ハイテクの雄たちがクラウドゲームのサービスに手を伸ばしてきました。「GAFA」も、ゲームという産業に将来性があると感じているのでしょう。


クラウドゲームは、サーバー側でゲームを動かし、その映像をユーザーに配信する仕組みで、ゲーム機もソフトも不要で遊べるというものです。近年、特に注目されていますが、通信の問題もあって、まだブレークしてはいません。

ゲームの世界市場規模は約17兆円ですが、PS5やXbox SXといった専用ゲーム機のシェアは4分の1程度。半分はスマホゲームで、残りはPCゲームがシェアを獲得しています。こういった背景の中では、ソニーやMSもライバル関係にありながら、未来に備えて手を組む必要があるわけです。

PS5とXbox SXの競争の裏で、クラウドサービスや人工知能(AI)分野で協力関係にある両社。ある意味、右手で握手し、左手で殴り合っている状態とも言えるでしょう。

以下全文を読む




反応

浅い記事に定評あるいつもサブカルライター
全くゲーム知らない人書いたのか?
対決にしようしてる時点浅はか
クラウドゲーミングはサーバー強化したところユーザーに届くまで回線まだまだ貧弱やからコンシューマ機やPCに取って代わるのはかなり先や思う
クラウドゲーム云々言うてて、SONYMSもクラウドゲームやってることにも言及しない
個人的にはPS5推しだけど、Xbox SXは頑張って貰いたいかな。後方互換充実すれば飛びつく人も少しは出てくるはず
未だにクラウドに夢見ちゃってるよこのサブカルクソライターw