unnamed

「堀井雄二」調査団: アドベンチャーゲームは如何に日本のストーリーゲームを発展させていったか? (前編)

「堀井雄二」

――ちなみに、堀井さんのアドベンチャーゲームでは採用されませんでしたが、マルチエンディングはどう考えておられますか?

堀井氏:
マルチエンディングはプレイヤーが見なかったエンディングが気になっちゃってしょうがないと思うんです。気持ちがすっきりしない。たとえば映画で10通りくらいあるパターンがあるエンディングを作ったとして、残り9回見なきゃいけないのかということですよね。プレイヤーの労力が無尽蔵にあるんならやっても面白いと思うんですけど、分散するような気がして、そのへんとのバランスですよね。エンディングはマルチもありとは思うんですけど、そのへんをまずクリアしないと。

以下全文を読む




反応

・確かに萎えるな
・ダクソのマルチエンディングほど意味のないものはない
・マルチエンディング見るために頑張ったのにこんだけ?みたいな虚無感はある
・クロノトリガーのマルチエンディングは良かったけどな
・強くてニューゲームがないときついしやりたくない
・ロマサガとか主人公ごとにエンディングあるけど1回クリアしたら飽きちゃう
・クロノトリガー作ってましたやん
・大半のストーリーは一緒だけど
分岐でもう一度プライしなきゃいけないとかはやる気起こらん


ウィッチャー3とか分岐とボリュームありすぎてマジで大変(´・ω・`)


【PS5】Returnal 【早期購入特典】セレーネのスーツスキン2種 /アストラモデル14 タクティカルスーツ/アストラモデル9 プロトタイプスーツ(封入)