00

待望の『スプラトゥーン』新作情報…「文脈」と「タメ」を活かした任天堂の“巧み過ぎる発表術”とは

待望の『スプラトゥーン』
任天堂は、自社のゲーム機で展開するゲームソフトに関する情報を「Nintendo Direct」というWeb番組で発表している。この番組が公開されるとツイッターのようなSNSは特に盛り上がり、トレンドは発表されたゲームソフトの名前や関連情報で埋め尽くされるほどだ。

 2021年2月18日に実施されたNintendo Directも盛り上がったのだが、そのなかでも特に話題を呼んだのが『スプラトゥーン3』である。番組の最後にサプライズとして仕込まれていたこともあり、発売が決まって短い映像が公開されただけなのに、任天堂公式ツイッターの該当ツイートは9万RTされている。

 発表会そのものがファンの心を揺さぶるというのはほかでもありうることだし、ゲーム業界でも同様の例を見る。とはいえ任天堂はゲームを作るのもうまければ、発表するのもうまい。『スプラトゥーン3』でどのように人々の心を掴んだのか、シリーズを振り返りつつ分析していこう。

対戦シューターを日本で流行らせた初代『スプラトゥーン』

2015年5月にWii Uで発売された『スプラトゥーン』は、イカ(正式名称:インクリング)たちがインクを塗り合って4対4で戦う対戦ゲームである。公称では対戦アクションゲームというジャンルになっているが、いわゆる対戦シューター(銃で撃ち合い戦うゲーム)だ。

前作はゲームバランスとしてかなり厳しい部分があったのだが、『スプラトゥーン2』はよりマイルドにうまく調整されたし、前述のように人気もさらに獲得できた。だが、対戦ゲームは常にプレイヤーが不満を持ち続けるジャンルである。本作は「新規性がなく、バランス調整の結果として地味な見栄えになる」という意見があったし、同じものが続くというマンネリ感も否定できなかった。

とはいえ、それでも『スプラトゥーン2』は人々を楽しませている見事な作品だ。だからこそ続編が望まれており、Nintendo Direct放送前にも『スプラトゥーン3』というワードがツイッターのトレンド入りを果たしていた。

しかし一方で、「実際に出たとしたら『スプラトゥーン3』はどうなるのか?」とユーザーも疑問に思っていた。かつてはシューターが日本で流行らなかったが、いまは『フォートナイト』などのバトルロワイヤルものが国内でも馴染んでおり環境も変化した。しかも『スプラトゥーン2』にはマンネリ感もある。つまり、『スプラトゥーン3』が出るならば大きく変わらねばならないが、どうなるか遊んでいる側は想像がつかないのである。


ゆえに、ユーザーは『スプラトゥーン3』を望んでいるものの、いつ出るのかについてはまったく予想ができていなかった。そもそも『スプラトゥーン3』の情報は噂レベルですらまったく存在しておらず、「さらに数年後、次のゲーム機になってから出るのでは」と予想していた人も少なくない。

文脈とタメを活かした『スプラトゥーン3』発表の妙

にも拘わらず、2021年2月18日のNintendo Directでは『スプラトゥーン3』がサプライズで発表された。リークされなかったことでファンの驚きは最大限になったし、『スプラトゥーン2』で人気が過熱していたおかげで盛り上がりもかなりのものに。さらに、今回の発表映像もよくできていた。


Nintendo Directの映像では、タイトルを発表する前にちょっとした溜めがある。たとえば『スプラトゥーン3』の場合、いきなりタイトルを出すのではなく砂漠の岩場のような映像を映すのだ。


視聴者は何が発表されているのかわからず食いつき、その後に『スプラトゥーン』シリーズのキャラクターであるイカが出てきて、詳しい人は新たな展開だとわかるのだが、タイトルはまだ出さず映像では別の情報を映していく。今回の場合、エッフェル塔のようなものが逆さになっていたりと、世界がどうも滅んでしまっているらしいとわかるのだ。


『スプラトゥーン』シリーズでは「フェス」というふたつの派閥に分かれて戦うお祭りが存在する。特に重要なのが作品の最後に行われる「ラストフェス」で、このフェスで行われたプレイヤーたちの選択が次回作に影響を与えるという慣例がある。『スプラトゥーン2』の場合は「どっちの世界を望む? 混沌 vs 秩序」というお題でラストフェスが実施され、混沌派が勝利していたのだ。

よって、この情報を知っているプレイヤーは「自分たちの選択と結果が、この荒廃し混沌と化した世界に表れている」というライブ感も覚えられる仕組みになっており、しかも『スプラトゥーン2』の課題であったマンネリ感も解消されている可能性に気づく。そうしてひたすら緊張を高めたあと、ついに『スプラトゥーン3』というタイトルがドンと正式発表されるわけだ。


このほかにも初代『スプラトゥーン』の音楽をアレンジして使っているなどファンサービスも含まれている。つまり、ただおもしろそうな映像を見せるだけではなく、視聴者の心理を把握し、ゲームの文脈をきちんと活かした発表なのである。

特に対戦ゲームにおいては“盛り上がる発表”も重要

どんなに優れたゲームでも目立たなければ売れないし、そもそも対戦ゲームはプレイ人口が多ければ多いほど魅力が出てくる(人がいなければそもそも対戦が成り立たないし、遊ぶ相手が少ないと自分と同じくらいの腕前の人と出会いづらくなる)。特に『スプラトゥーン』シリーズのようなゲームでは、より盛り上がるような発表も重要なわけだ。

『スプラトゥーン3』は現段階ではまだ発表されたばかりであり、発売も2022年とまだまだ先である。にも拘らずここまで盛り上がりを見せるのは、ゲームそのものが魅力を持ち、かつ発表が成功しているからだろう。筆者のように、2022年が待ち遠しく感じるようになった人も少なくないはずである。




渡邉 卓也


反応

たしかに任天堂は見せ方上手いなってよく思う
まさか文春で任天堂持ち上げ目的スプラシリーズについて記事読む時代になるとは思わんかったなあ
・宗教極まってる文章だ
・こいつ任天堂持ち上げ記事ばっかり書いてるが金でも貰ってるのかね
・どうでもいいことまで持ち上げるとかネタが無いのかw
・マリオの乳で育ったライターやんけ
・発表の仕方まで持ち上げるとか気持ち悪すぎるな
物は言いようの典型やん

寒気がするほどの持ち上げようだな(´・ω・`)
ニーア レプリカント ver.1.22474487139... - PS4