every-time-hideo-kojima-predicted-future-4

Stadia was working on Savage Planet 2, a multiplayer project and more

Stadia
Googleのクラウドゲーミング部門は、元Assassin's Creedクリエイティブが率いるマルチプレイヤーゲーム、Journey to the Savage Planetの続編をキャンセルし、小島秀夫氏(Death Stranding)と鈴木裕氏(Outrun)がStadiaの独占ゲームを制作するという提案を退けたと情報筋が報じています。
2月1日に発表された声明の中で、同社は今年は技術とプラットフォームツールを外部のパートナーに提供することに集中すると述べています。これにより、同社は社内のStadiaゲーム開発チームをすべて閉鎖するとのことです。

小島プロダクションのプロジェクトは、エピソード型ホラーゲームとして位置づけられていたと理解されています。
情報筋によると、日本のスタジオはクラウドゲーミング分野での革新に意欲的だったが、最終的には昨年StadiaのGMフィル・ハリソン氏に取引を阻止されたという。

これは、デザイナーの小島秀夫氏が昨年の夏、日本のパブリッシャーに「最近 "メジャー "なプロジェクトがキャンセルされた」と語った時のことを指しているのかもしれません。
「かなり腹が立っているが、それがゲーム業界なのだ」と彼は語った。

小島プロダクションからはこの記事に対する回答はありませんでした。

内部的には、Stadiaがファーストパーティのゲーム開発チームを閉鎖することを決定したことで、開発の様々な段階でいくつかのプロジェクトがキャンセルされました。






反応

・コジプロ以前にStadiaはもうダメでしょ
・まあGoogleだし
・コジプロの明日はどっちだ
・ソニー駄目グーグル駄目次はどこに取り憑くのか
・>鈴木裕氏(Outrun)
コジマよりこっちが気になるわ
・デスストのあとPSの仕事もらえなかったのか
・新興ゲーム事業に売り込みって
それ今までのお得意先から仕事もらえなくなった開発者のお決まりのパターンやないか…
・坂口とかもなんだろうな
・Stadiaは予想を裏切らない大コケだったな


監督PS5でなんか作ればいいのに(´・ω・`)
ニーア レプリカント ver.1.22474487139... - PS4