AS20180509000501_comm

任天堂スイッチ販売500万台超減 半導体不足も影響、2022年3月期

京都新聞
 任天堂は10日、2022年3月期に世界で販売した主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が2306万台だったと発表した。新型コロナウイルス禍に伴う「巣ごもり需要」や爆発的ヒットとなったソフト「あつまれ どうぶつの森」を追い風に、1年間の販売台数で最高を記録した前期の2883万台から570万台以上落とした。世界的な半導体不足を受け、供給が停滞したことも響いた。


 販売台数は、17年3月に発売のニンテンドースイッチと携帯専用の「ニンテンドースイッチ ライト」、昨年10月に投入した画面が鮮やかな有機ELモデルを加えた3タイプの合算。年間販売が2千万台を超えるのは3年連続となる。スイッチの累計販売台数は昨年12月末時点で1億354万台と1億台を突破し、テレビに接続して遊ぶ据え置き型ゲーム機で同社の歴代トップの販売台数だった「Wii(ウィー)」(1億163万台)を上回った。

■スイッチは「未知の領域」
 23年3月期は2100万台の販売計画を立てた。オンラインで記者会見した古川俊太郎社長は「発売から6年目で2千万台規模の販売を目指すのは、当社の過去のゲーム機の歴史からみて未知の領域だ」と述べた。

 計画の障害となるのが半導体不足だ。古川社長は「昨年は年間を通じて半導体の需給がひっ迫し、生産が計画通りできない状況だった。現在も一部の部品で不足の解消が見えていない」と説明。販売計画は半導体が一定確保できた上での予想という。有機ELモデルの投入でスイッチが3タイプに広がったことで「一つの家庭で複数台を持ったり、初期に買ったスイッチを買い替えたりするなど購入のケースが多様化している」と高水準の計画に自信を示した。

■ソフト販売は好調維持
 ハードが減速する一方、ソフトは好調な勢いを維持している。22年3月期のソフト販売は2億3507万本となり、「あつ森」が販売を大きく押し上げた前期を400万本超上回った。同社はスイッチの販売が1億台に達したことで、ユーザーの裾野が広がったとみる。人気タイトルの新作「スプラトゥーン3」や「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」なども今期中に投入する予定で、23年3月期は2億1千万本のソフト販売を予想した。

 任天堂が目指す戦略は、スイッチの「長寿命化」だ。従来の歴代ゲーム機より長いライフサイクルで人気を維持すれば、次世代ゲーム機の開発に充てる資金や期間も増やすことができる。古川社長は次世代機について「将来のハードについては常に研究をしている。ハードとソフトが一体となった独自の遊びの提案にはこだわり続ける」と述べ、具体的な言及は避けた。
以下全文を読む


反応

・大量に生産できるようになるまでは次世代機は出さないだろうな
・スイッチだけで一生遊べるレベルでゲーム出てるし
・未だに2000万超えててそんなこと言われるの無茶苦茶だな
・大成功したハードからの引き継ぎはまあ難しい
・じゃああと5年くらいは出ない?
・スイッチ終わりじゃん
・まだ値下げしてなくてこれだからな
最終的に1億3~4千万台ぐらい行くのかな?




ファイアーエムブレム無双 風花雪月 - Switch